SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

ボートからのバス釣りのコツ(5)


 ボートからの釣りが苦手、と言う人の中で、足場が安定しないと言う理由を挙げる人が結構多い。

 オカッパリで両足でがっちり大地に立つのと比較して、ボートは常に風や流れの影響を受けるので釣り難いと言う話だが、オカッパリを主にやっている人をボートに乗せた時に気がついた事がある。

キャストのテンポが悪い


 オカッパリをメインでやっている人はどうにもキャストが遅い。ボートに慣れている人の場合、上手い人はほぼ構えない。キャストが早い。

 ピックアップと同時にそのまま次のキャストに繋げる感じで、回収しながら既に次に撃つべき場所が決まっていて、ピックアップと同時、返す刀で次のピンへキャストしている。

 …が、オカッパリをメインでやっている人は、ピックアップから次のキャストに入るモーションがどうにも遅い。

 ピックアップをして、岸を見て、タラシを調節し、構えて、テイクバックして、投げると言う動作が、ボート慣れしているアングラーの倍以上の時間が掛かっている。

キャストに時間が掛かるから、ボートが不安定に感じる


 ボートが不安定に感じるのは、キャストに時間が掛かっている間にボートが動くからです。

 ピックアップする→タラシを調節する→構える→テイクバック→キャストの間に、どうしてもボートが大きく動く。

 これをピックアップすると同時にテイクバック→キャストと言った塩梅に短縮出来るようになると、その間のボートの動きは少ないので、不安定さを感じる事はありません。

 人によってはピックアップした後にヒュンヒュン素振りをしながら次に撃つポイントを見定めてキャストする人もいますが、ボートでの釣りはキャストに時間を掛けてはダメです。

キャストに時間をかけない理由


 何故キャストに時間を掛けてはいけないのか?と言うと、ボートは常に動いている事が多い訳ですが、カバーの奥に入るコースを数秒〜一瞬で外してしまう事があるからです。

 キャストに時間をかけると、ここだと思ったタイミングに間に合わなくなる。バスが折角獲れるタイミングを逃してしまう事になるんですよね。

キャストの回数も倍以上違う


 特に流して巻物をやってる時などは、キャストに時間をかけているとキャストの回数は軽く倍以上、良いピンを撃てる回数なんて何倍も変わって来ます。

 なのでボートに乗った時は早くキャストする(ファーストキャスト)を心掛けるようにしてみて下さい。

 キャストの精度を上げる、狙ったピンを撃てる人は、もう一つスピードなんです。素早く次のキャストが出来るようになれば、もう少しボートからでも魚が獲れるようになります。

 恐らくオカッパリで上手なのにボートからだとからきしになってしまう人は、この辺りが出来ていないからだと思います。

テンポ良く釣ると言う事


 良くバスプロがテンポ良く釣るように!と言いますが、あれは早く巻けとか早く回収しろ、と言う意味ではありません。まあ早く回収しろ、と言う場合も無きにしも有らずですが、正しい意味は早くキャストしろ、と言う意味であると思います。

 次のボート釣行では早くキャスト!これを心掛けてみて下さい。

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ボートからのバス釣りのコツ(4)


 最近、思うようにバスが釣れないのでバス釣りに行かない、メバルやアジの方が手軽に沢山、簡単に釣れるのでバス釣りに行かない、と言う人が増えたように思う。

 そしてちょっと釣れなかったらバス釣りに行かない人が増えた理由には、バス釣りに夢が無くなった事が挙げられると思う。

 釣れなくても頑張る気持ちを支える夢が、今のバス釣り業界からはすっかり無くなってしまったのだ。

バス釣りに夢が無くなった理由


 昔は、バストーナメントがあって、バスプロと言う職業があって、俺もいつかはバスボートに乗ってトーナメントを戦いたい、とか、有名なバスプロとトーナメントで戦ってみたい、と言う夢があった。

 釣れなくてしんどくても先に行きたい、上達したいと言う、プロ志向のアングラーの気持ちを支える夢があったのだ。

 ところが、今はそれがない。バス釣りが上手くなっても、だからとうしたと言う世界になってしまったのだ。バストーナメントは難しいからと言って、例えばブログやYouTubeで頑張っても、今は場所を晒したとか、自己顕示欲だなんだと馬鹿にされてしまう。

 釣れない時に頑張る理由が、完全にライトソルトに負けてしまっている。ライトソルトはまだ、魚が食える。それだけでかなり違うと思う。

バスアングラーのレベルが低下している


 バス釣りの盛んな琵琶湖界隈や岡山、四国等に比較して、広島のバスアングラーのレベルはかなり低下したと思う。

 あまり上手い下手の話、レベルやランク付けの話はしたくないが、やはり釣れなくても頑張ろう、と言う気持ちを支える部分を失ってしまった今の広島のバスアングラーのレベルは、著しく下がったと思う。

 キャスティング1つとってみても、まともにピンポイントを狙えるアングラーは相当少なくなっている。

だが、チャンスはまだある


 広島のバス釣りは、正直今はかなり低レベルになっていると思う。でも、ここまで下がってしまったからこそ、まだバス釣りを続けている貴方にもチャンスがあると思う。今ある、プロと言うものとはまた違う、明日のバス釣りを背負って、広島のバス釣りをリードするチャンスが、若い貴方にはある。

 だからどうか、バス釣りを続けて追求して欲しい。

 前置きが異常に長くなってしまったが、本日は水質とレンジの話をしたいと思う。

水質が綺麗なエリアを狙え


 オカッパリの場合は、立てる(釣りが出来る)場所が限られるので、水質をあまり気にしていない人が多いと言うか、例えばクリアなのでこのルアー、このカラー、マディ(濁っている)だからこのルアー、このカラーと論じる人が多い。

 その場の水質でルアーを選ぶ、と言う事になる。

 だが、ボートからの釣りの場合は、基本的に濁ったエリアは外し、クリアなエリアを釣る方が正解である事が多い。

 濁っているから(例えば)チャート、ではなくて、濁っているならそのエリアよりもっと水質が良いエリアに移動するのだ。

濁りには色々ある


 例えば大雨の後の、土砂の粒子が混じった濁り、アオコや淡水赤潮、水の華の混じった藻類の濁り、盆明けによく見られる、エレキやバズベイトを引いた後にいつまでも泡が消えない、何となく水がネバネバしているような、恐らく死滅したプランクトンを多く含んだ濁り。

 これらの濁りは全て別のものであるが、その辺りの話はまた別の日に。

 これらの濁りは基本的には避けるべきものである。

濁りの入りにくい場所


 例えば、夏場の晴れた日であれば、メインリバーのインレット(通称バックウォーター)がクリアであるが、同時に下流域もダムの放水の影響でクリアである事が多い。

 また、冠水植物の奥のシャロー等も濁りは入りにくい。

 雨の後の濁りは冠水植物の奥のシャローや岸際には届かず、上流から下流に濁りは広がり、また上流から(新しい水が入って)クリアになって行く法則がある。

 藻類は日当たりの良い場所で発生し、風下に溜まる。風上は藻類の濁りは出難い。

濁る場所


 バックウォーターから流れ込んで来た水の流れが本湖で止まる部分や反転する部分は藻類や死滅プランクトンの濁りが出やすい。また、味噌汁を見れば分かるように、土砂の濁りは最終的に深い所に残り、表層からクリアになる。

濁りと溶存酸素の関係


 藻類やプランクトンで表層が濁っている場合は表層で消費される酸素が増えるため、また土砂の濁りが底に残っている状態ではディープに日光が届きにくいのでプランクトンが表層に集まるため、ディープでは溶存酸素が枯渇するので、バスは潜り難い。

濁りとバスのレンジ


 バスは基本的に日光を嫌うが、同時に濁りも嫌う。低酸素状態も嫌う。なので濁っている時はカバーの奥のクリアな日陰へ入る事が多い。

 またカバーのない水質のクリアなエリアでは、光があまり届かないディープに下がる事が多い。

 これらの事を参考にして、是非釣果を重ねて欲しいと思う。

 重ねて言うが、ボートからの釣りでは基本的に水質に合わせてルアーやカラーを選ぶのではなく、出来る限りクリアで水質の良い場所から狙うべきである。

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ボートからのバス釣りのコツ(3)


 ボートからのバス釣りのコツ、第3弾です。本日はレンジキープの話をしましょう。

オカッパリでレンジはさほど重要ではない


 オカッパリの場合、レンジはさほど重要な要素ではありませんよね?まずオカッパリと言うのはほとんどの場合、浅い側から深い側にキャストする事が多いので、理屈で言って沖の中層を探れるルアーを使うと足元でガリガリ底を削る感じになっちゃいますからね。野池の場合は対岸付近までフラットな場合も多いです。

ボートでは多彩なレンジ攻略が重要である


 ところがボートて、しかもリザーバーとなると、必ずと言って良いほど沖側に自分がいて、浅い側から深い側に向けて釣る事になります。

 ですから、レンジ攻略が難しく、重要かつオカッパリにはない面白さになります。海の場合は波止等はいきなり10mの水深の場合もありますから、オカッパリでもレンジ攻略が重要になります。

オカッパリでは獲れない魚を獲る


 ボートの場合、オカッパリのように場所を気にしなくても、立入禁止エリアに絡まない限り好きなポジションにボートを停める事が出来ます。

 なので、平面的にオカッパリの人が撃てない、届かないポイントの魚を獲る、と言う以外に、リトリーブコースがほぼ固定になるオカッパリでは獲れない魚を違うリトリーブコースから獲る事が可能です。


 まあ、オカッパリの人がいたらやっちゃダメですよ。

 例えばオカッパリで入れる場所で、足元の水深が30cm以内〜30m沖迄なだらかに1.5m。30m沖で1.5m〜4mまでのブレイクがあり、さらにその先が鋭角に15mまで落ちるとします。

 この場合オカッパリで獲れるのはブレイクの手前か良くてブレイクの肩に浮いた魚です。ところがボートの場合はブレイクの壁と、4m落ちた先が狙えます。

4mもあれば釣れるレンジと釣れないレンジがかなりハッキリする



 水深2m程度までだと、ボトムに居た魚が急浮上して水面のプラグにアタックする事もしばしばありますが、4mともなるとあってもかなり稀です。

 そしてその4mの 壁に沿ってベイトが回遊する場合、または壁のボトム付近にいる甲殻類や底性のチチブ等がベイトの場合は、キチンとレンジ攻略が出来てないと釣れません。

ここでもショートキャストがキモになる



 さて、オカッパリの場合はレンジと言ってもトップ(水面)、サーフェイス(表層)、ミドル(中層)、ボトム(底)と、おおよそこの4段階か、もしくはサーフェイス(表層)とミドル(中層)を合わせて3段階もやれば問題ないのですが、4m〜7m辺りをやるとなると、さらにボトム(底)が15mを越えるようだとそんな簡単ではありません。

 例えば15mだと冬場以外は溶存酸素の関係で魚が限りなくいないので(透明度による)、テキサス等でボトムを取ってもサッパリ釣れないと言う事になります。

 魚探をかけると分かりやすいですが、ボトム(底)に頼らずキッチリとバスのいる4mなり7mなりをトレースしなければ釣れないのです。

 ロングキャストをしてしまうと正確にレンジを刻むのが難しくなります。(ダイビングタイプのクランクベイトを除く)

 上手になれば長い距離を正確にレンジキープする事も可能ですが、僕の場合はそうですね、4mなら4mをきっちりトレース出来るのは、その日のメンタルにもよりますが、5m〜長くて10m程度です。

 と言う事は、ここでもショートキャストの繰り返しになります。

 メバルは縦に群れを作りますが、バスの場合は横に群れを作る傾向があるので、メタルジグのように縦に切るようにリフト&フォールを繰り返してバスのレンジに入れるのではない場合、バスのレンジやや上を正確にキープする事で初めて釣果が得られます。

レンジキープはリトリーブでやってはいけない


 リトリーブスピードによってレンジを上げ下げするのはおおよそ良くない結果を生みます。

 例えばジグヘッドリグのワームを使う場合、必ずレンジの変更はジグヘッドの重さでするべきです。クランクベイトの場合はリップの長さ、スピナーベイトの場合はヘッドの重さとブレードの揚力の兼ね合いで変えること。

 ルアーには必ず1番良く釣れる動きが出るスピードがあるので、あくまでリトリーブはその動きが出るスピードを維持した方が良いです。

 また、リトリーブのスピードでレンジ変更を行う場合は非常に集中力がいります。合うジグヘッドの無い場合等はスピードでレンジ調整する場合はありますが、出来るだけリトリーブスピードでのレンジ変更は考えないようにしましょう。

 まあ、レンジに関する事はだいたいこんな所ですかね。難しい事を言ってるように感じるかも知れませんが、やってみると奥深く、面白い部分であると思いますよ。

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

Dh5bcpJV4AAyCA7


ボートからのバス釣りのコツ(2)


 今回は前回も触りだけ書きましたが、流し釣りのコツ等を書いてみようと思います。プロの人がよくTV番組等でやってる、ボートをペダルで進めながらやってるアレです。

流し釣りのコツ(キモ)


 流し釣りも普段オカッパリでやっている方に勘違いされている事が多い釣り方です。プロの釣り方を見て、アレ良いなあ、と思って真似してみても釣れない、と言う事になりやすいですが、それは流すだけになっているからです。

風や流れに対する考え方


 まず魚は、流れに対して必ず頭を向けてステイしています。太田川の橋脚につくシーバスもそうです。

 ブラックバスも同じで捕食の際は風やカレントのダウン側から追い込む事が多いです。

 多くの場合、バスはダウン側の深い側から岸際の浅い所にベイトフィッシュを追い込むように捕食をします。

 流れがない場合、風も無い場合この風下から捕食体制に入る法則は通用しませんが、風が吹いた方が釣れると言われる理由は、溶存酸素が増える以外に、ベイトフィッシュの向きもバスの向きも揃う事が挙げられると思います。

 したがって流す場合は必ず風下側から流します。風上に舳先を向けている方が操船もしやすいです。風下からバスを越えてキャストをするイメージです。魚からもボートに気付かれ難いですからね。

 風に乗って風上からドラッギングする場合も必ず舳先を風上に向ける。その方がボートコントロールもしやすいです。

キャストの方向と距離



 向かい風で投げるのは難しいと言われるかも知れませんが、前に書いたようにロングキャストはしないので難しくはありません。

 サイドスロー、アンダーハンド、ピッチング等で4m〜7m先を静かに撃って回る事になります。透明度によってはもう少し距離を出し、ボートポジションを沖にとります。

 ボートの位置は岸から4m〜7m程度、キャストの方向は12:00の方角から14:00(10:00)の方角を撃ちます。岸がボートの左舷側であれば10:00〜12:00の方角、右舷であれば12:00〜14:00です。

 回収の際、09:00または15:00以上の角度からルアーが戻って来れば、それはスピードが出過ぎなので減速しましょう。

ロングキャストしない理由


 ロングキャストしてしまうと、ルアーを回収する迄にボートがかなり距離を動く事になります。動く距離に対してキャストの回数が減ってしまうんです。

 ショートで刻む場合5,6回キャスト出来るのにロングキャストしてしまうと1投しか出来ない上、回収迄に良いポイントを素通りしてしまう事になります。

 これは本当に勿体無い。

流し釣りに使えるルアー


Dh5bcpHU8AAGtu8


 クランクやスピナベのイメージが強いですが、岸際の深さによってトップウォータープラグ、ラバージグ、ミドスト系のプラグやワーム、ビッグベイト等、テンポが合えば何でも使えます。

 ただし深過ぎるとラバージグやワーム(ミドストを除く)はフォールしか出来ないですけど。

 以上の事を気をつけながら釣りをすると、流しただけで終わる、と言う事は少なくなると思います。

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ボートからのバス釣りのコツ(1)



sYVRn7ii


 オカッパリからは良く釣れるのにボートに乗ると何故か釣れない…そんな人が結構多いのではないかと思います。

 そこでちょっと僕なりに気付いた事を書こうと思います。恐らく基本的な事だと思うのですが、雑誌等で記事になっている事も少ないと思いますので。


 本日はまずキャスティングから書こうと思います。

キャスティングの基本的な考え方


 オカッパリとボートではキャスティングに関する考え方が大幅に変わってくる、と言うか、キャスティングに関する考え方は恐らくオカッパリにしろボートにしろこれが基本かと思います。

 多くの方が間違えていると思います。

ロングキャストは欠点が多い


 まず、ボートはオカッパリと異なり自分から魚に近づく事が出来るので、基本的にはショートキャストがメインになります。

 オカッパリではある意味基本となるロングキャストですが、実はかなり欠点の多いアプローチとなります。

 思いっきり振りかぶってビューンと飛ばすのは確かに気持ちは良いんですけどね。

弾道が高くなる


 ロングキャストはオーバーヘッドキャスト、またはペンデュラムキャストになりますので必然的に弾道が高くなります。

ストラクチャーの奥が狙えない


 弾道が高い、と言う事は当然の事ですがストラクチャーの手前までしか狙えません。特にペンデュラムはコントロール性の悪い投げ方です。

着水音が大きくなる


 弾道が高くなると言う事は着水音も大きくなります。静かにアプローチするべきタイミングは多いものです。

広範囲に探ると言う事は…


 また、ロングキャストの利点として良く言われる事として、広範囲にサーチする、と言うのがありますが、実のところ広範囲に探る、と言う事は広範囲にプレッシャーをかけると言う事に繋がります。

 例えばA,B,C,と言うポイントがあった時、ポイントAは目視で見えるので、貴方がロングキャストで狙います。するとポイントAと自分の間にB,C,と言う見えないポイントが隠れている。

 Aを狙った後の高速回収でB,Cにプレッシャーをかけてバスの反応を悪くしてしまう事があります。或いはAで子バスをヒットさせてしまう事によって、Bにいた大型を警戒させてしまうかも知れません。

 広範囲にサーチすると言うのは実は諸刃の剣です。ポイントは如何なる時も手前から探るべきです。

 また、ボートを進めながらの流し釣りの場合は、特にロングキャストをするとルアーが戻る前にボートが進む距離が長くなるので流す意味が無くなります。


アワセが決まり難い


 飛距離が出た状態でヒットした場合、ラインも伸びやすくアワセが決まり難くなります。

バラしやすい


 上記、アワセが決まり難いのも合わせて、距離があると言う事はラインもたるみやすく、また何度もエラ洗いされるタイミングがあるので非常にバラし安くなります。

あくまでショートキャストが基本


 以上のようにロングキャストは非常に欠点が多くなります。ショートキャストでも近づき過ぎるとバスを警戒させる事がありますが、バスは4m〜7m程度、10m以内のキャストでも充分食ってくる魚です。

 低弾道のアンダーハンドやサイドスロー、またはピッチングやフリップキャスト等で短く、丁寧に正確に、手前から刻むのがベストです。

 因みにシーバスフィッシングの場合も、バスほどショートではありませんが、手前のポイントから抜くのが鉄則です。

 そもそも30m投げたとして、貴方は30m集中してバスを誘う事が出来ますか?僕ならどんなに集中しても10mです。

ロングキャストを使う時



nsteovAE


 ロングキャストはなるべくしたくないけど、仕方無くやるものです。例えば水が非常にクリアな場合であるとか、水面付近に見える魚をサイトで狙う場合。こういった場合はロングキャストをするしかありません。

 上記、ショートに刻む事を覚えて頂ければ、もっとバスが釣れるようになると思います。

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ