SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。


より大きな地図で 広島シーバスポイントマップ を表示

seabass0216


下げから込み直まで約4時間釣りしました。
下げの間はベイトも少なかったのですが、水温は5.5度〜6.5度程度あり、ここ最近では最も高い。
んで、込みが入ると同時に6.5〜7度程度に上昇、ベイトも一気に増える。

潮は良いとは言いがたいものの、水温的にはチャンス。

何年もやってない場所なのでひたすら飛距離の出るルアーで広範囲に探って行くしか手は無いんですが…。
(流れの変化も大きくは無い)
込み直、脇から暖かい潮が上がり始める中、まだ下げの流れの残る部分にひたすらルアーを通すと、コツっとアタる。

掛かった瞬間は「貰った!」と思いましたよ。
だってsasukeの120烈波だもん。SS95とかSF95じゃないんですから。

ROD:Foojin`go REDLINE THE SWEEPER 84L
REEL:DAIWA インパルト2500LBD改
main line:SUNLINE SMALL GAME PE 0.4号
mid leader:バークレイPower Extra0.8号
leader:シーガーリアルFX4号
lure:sasuke 烈波120SSP シルクミラージュ

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

猿猴とは、空想上の生き物(水生の妖怪)で、河童(カッパ)の眷属とされる。

一般的な(全国的に)河童との大きな違いは、河童は蛙や亀など両生類的なイメージに対し、猿猴は猿、哺乳類のイメージとなる。
(手が長く、顔は猿、胴はナマズと言うキメラ妖怪)

この妖怪(水怪)は、河童と同じく泳ぐ人の肛門から手を突っ込み、内臓(しりこ玉)を抜いて殺してしまうとされる。

また、時に人間の女性を襲い孕ませる事で繁殖するとされる。

猿猴川の語源はこの猿猴にある。

この河川は、京橋川から分岐する全域汽水の川で、現在はマツダの工場の影響などで汚染が進んでいるとされるが、恐らくはもっと昔から泥が沈殿しやすい河川であったのではないかと想像する事が出来る。

と、言うのは、全域汽水と言うことは京橋と水が行き来しやすく、下げの流れもメインである京橋川に流れやすいので、川の構造上絶対に泥が溜まりやすい。

猿猴が棲むと言う伝説が何時頃からあったのかは知らないが、恐らく伝説が発生した頃には、この川で泥に足を取られて水死する事故がかなり発生していたのではないかと思う。

猿猴とは、きっと泥底の事で、特に子供が猿猴川で遊ぶと泥に嵌まって水死しやすい事から、誰かが「あの川には猿猴がいるから遊びに行ってはダメですよ」と子供に言い聞かせたのが始まりなのでしょう。

広島の地名には色々と想像させる部分があり、こういった郷土史のようなものを考察する事によって、より一層釣りが楽しくなる。


ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


より大きな地図で 広島シーバスポイントマップ を表示

前日の夜の満潮でベイトを多く確認出来た食肉市場前に下げで入水。
が、前日とは異なり風がかなり強く、水温も低い気がする。
計測してないがおそらく3.5〜4度くらい。
風が吹いているのでそんな感じじゃないかと思います。

ベイトも昨晩と違い少ない。満潮ギリギリでないと集まらないのか?

この場所に入るのは実に数年ぶりで、地形もたぶん変わっているはずなので地形チェックもかねて。
潮目の位置と昔の記憶を頼りに探り、久しぶりにシーバスからのコンタクトが…。
(ヒットルアーはAPIA パンチライン/ハマーナイト)

アタリは非常に小さく“モゾッ”と言う感じで、一瞬「藻?」と思いながらアワセると、いつものサイズ(25cm位)のセイゴちゃんが。

しかしコイツもバレる。

さらにルアー交換時に開いているケースを丸ごと落とす!幸いルアーは全て回収出来たが、これで一気に心が折れて撤収しました。

今の時期、この辺りで釣るとワカメが凄かったはずなのに、やはりワカメが少ないし、やっぱり年々フィールドは変化して行きますね。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


より大きな地図で 広島シーバスポイントマップ を表示

ミッドリーダー仕掛けのテストを兼ねて、三滝橋の右岸と新己斐の右岸で実釣。

seabass0209

(写真は三滝橋の右岸側)

シャローフィネスで紹介されているミッドリーダー仕掛けですが、0.6号以下と言う極細仕掛けでなくても色々と恩恵を受けられるようです。

今回のタックル/仕掛けが、

ROD:Foojin`go Red Line PREMIUM FLEY93ML
メインライン:バークレイPower Extra0.8号
ミッドリーダー:バークレイファイアーライン2.5号
リーダー:シーガーREAL FX4号
です。

ので、シャローフィネスとは異なります。

実際投げてみると通常時0.8号→リーダーへの結節と比較して、理由は不明ですが飛距離は若干上がるようです。
で、先端に2.5号を2ヒロ半結節しているので、橋脚に多少擦っても、まぁ橋脚の状態にもよるんですが、直接PE0.8のメインラインが接触するよりははるかにダメージが少ないです。

で、実は一番期待していたのが2.5号PEによるセイルアンカー効果
これは、どう言うことか、と言うと、ミノーを頭から流したい時ってありますよね。
Uターンメソッドとかで橋脚キワまでミノーの頭を下流向きに流したい場合、太いPEは水の抵抗を受けやすいのでかなりミノーを引っ張り(ドラッグ)ます。

橋脚メインのエキスパートは、太いPEと強く長いロッドを使用していますが、僕なりに分析すると、

太いPEにミノーを引っ張らせて泳がせてあげる。
しかし太いPEは水の抵抗が大きいので、強くて長いロッドで強引にアワセる。

この辺りがキモになっていると思うんですね。
橋脚から引きずり出すため、と言っても橋脚はそんなに困難なストラクチャーではないですし。

んで、ミッドリーダーに2.5号PEを使うとかなりミノーを引っ張ります。
そして、メインは0.8号なので水切れが良く、極端に強いロッドでなくてもアワセを効かせる事が可能の上、細いラインは操作性が良いのでもう少しタイトに攻める事が出来るんです。

seabass0209_2


まぁ偉そうに言ってもセイゴしか釣れなかったんですが(笑)

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


より大きな地図で 広島シーバスポイントマップ を表示

seabass0204

(旭橋を上流側から撮影)

いやあ、こんなに歩いたのは久しぶりです。
最初に旭橋の左岸下流側のシャローやってノーバイト。
白蝋化した猫の死体があって、ちょっと怖い。

魚はシャロー側ではなく橋下のテラス側でライズしてましたが、シャロー側は無反応。

seabass0204_2

(新己斐を上流側から撮影)

次に新己斐の左岸。
歩きながら探ってるとほとんど新己斐まで来てしまったのでそのまま明暗と橋脚狙い。
ここで唯一のバイト&バラシ。
重量感のあるゴチン!と言う感じのアタリでしたがフッキングミス気味でそのまま首をひねられてバレました。

またかよ。

テールバイトが多い時期なのでバラしは仕方が無い面もあるけど、最近バラしすぎ。
HITルアーはkomomo 110s counter(チャートバック/パール) です。

その後で己斐橋の左岸まで上がり、ノーバイト。
前に高潮位で引っ掛けたハイドシャローを回収して終了。

ウェーダー履いて往復約1.5kmの移動は疲れたわ。
でも寒波の後にもう魚が入ってるのを確認出来たので良しとする。

因みに先週より確実に暖かい日でした。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ

ご予約・お問い合わせ

090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ