SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

シーバスのデイゲームのガイドを開始します


 まだ少し時期が早いかも知れないのですが、5月になりますのでシーバスのデイゲームのゴムボートガイドを開始します。

東京湾とは違う、広島のゴムボートゲーム


 一般的にシーバスのボートゲームと言うと、湾内でストラクチャーを釣る印象が強いと思いますが、広島近郊では水深が浅く、いわゆる穴撃ちをやるようなストラクチャーはほとんどありません。では、ゴムボートのシーバスゲームはどう言う物か、と言うと、ウェーディング+の釣りだと思って頂くと分かりやすいと思います。

ウェーディング+の釣り


 広島だけでなく、現在シーバスと言えばウェーディングのような感じですが、実際ウェーディングはかなり危険を伴う釣りで、転倒して流される場合もありますし、ウェーディングで撃てる場所は案外限られているので場所の取り合いにもなります。

 (ちなみにゴムボートを危険な乗り物と認識している人、まだかなり多いと思いますが、揺れはほとんど無く(アルミボートなどより全然揺れない)恐らく多くの人が思ってる以上にパンクしにくい安全な乗り物です。ウェーディングと単純に比較して、なぜゴムボートの方が危険に言われるのか意味が分かりません。ようするにライジャケを着てさらに浮き輪を付けてるようなものですからね…背が届かない深さだから危険に思うのかな?)

 ゴムボートで狙うのは、ウェーディングでは立てない場所、立てない潮位、そしてあと50m程の沖になります。そこにアンカーを落としてボートを固定して釣りをします。

タックル


 タックルは遠投の出来る普通に太田川や干潟で使うロッドで大丈夫です。普段ウェーディングで使うやつでOK。ライフジャケットもウェーディング用でOKです。あと、ボートの乗り降りで必ず濡れるので、ウェーダーか半ズボンにサンダルスタイルでお願いします。

メソッド


 デイの場合、基本的に水深2m未満、1,2m〜1,8mの場所はミノー(9〜12cm)の早引き、2m〜3mのブレイクではバイブや沈み遅めのブレードジグや鉄板系を早引きして行く感じで、干潟のウェーディングでの釣り〜もう少し沖のブレイクが狙える釣りです。

 とにかく遠投して魚に見切られない速度で早巻きで釣っていく感じです。

場所


 八幡川の河口や太田川放水路の河口になります。潮汐表を見てタイミングを決めるのでお気軽に電話かメールで問い合わせてください。まだ時期的に絶対に釣れると言うほどでもないと思いますが、未知の釣りなのでやった事が無い人は楽しいと思いますよ!

 シーバスガイド(ゴムボート)
 メバルガイド(ゴムボート)
 レンタルボート(ブラックバス)

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

釣り禁止野池で釣りをするバサーを炎上させるのは果たして意義があるのか


 twitterをやっていると、時々釣り禁止野池で釣りをしていて、それを指摘されて炎上しているバサーがいます。

 特に釣り禁止看板が写っている状況での撮影など、それをネットに上げる方も上げる方だと思うのですが、果たしてこの晒して炎上させると言う行為は同じバサーにとって有意義な事なのかどうか、と言う事にいささか疑問を感じています。

釣り禁止看板のある場所で釣りをするのは良くない事です


 予め言っておきますが、釣り禁止場所での釣りは良くない事です。広島で言うと樽床ダム(聖湖)や魚切ダム(窓龍湖)でボートを浮かべている人がいると言う話を聞きますが、その2湖についてはダム管理事務所に直接電話確認をした上で、ボート以前に釣り自体禁止である、と回答を頂いています。

 また、灰塚ダム(ハイヅカ湖)の田総川(たぶさがわ)バックウォーターは鮎の俎上の妨げになる為、立入禁止の看板を建てておりますが、このポイントに入るバサーは非常に多いと聞いています。

 東広島の野池の「ここで釣りをしないで」と書いてある看板は、バサーの間では役所が事故のあった時の責任逃れに建てているだけなので実際には釣りをしていても大丈夫である、法的にも釣り人が逮捕される事はない、と言われる方は多いですが、実際に東広島市に電話確認してみると、「書いてあるままです」「字が読めないんですかね」「釣り人には迷惑しています」と言うニュアンスの事を言われました。

 これらの場所で釣りをする事は良くない事なので、このblogを読んだ方には自主的に止めて頂きたいと思ってます。

では、炎上させることは良いのか、悪いのか


 以上、釣り禁止の場所で釣りをするのは良くない事です。ですが、じゃあそこで釣りをしている人がいて、その人のアカウントを炎上させる事は良い事なのか、悪い事なのかと言うと僕は、あくまで僕は、の話なので、私はこう思うから貴方もこう思え、と言うような話じゃないですよ。

 個人的な見解です。

 釣り禁野池バサーのアカウントを炎上させる事は、釣り人にとってマイナス面が大きい。バス釣りをしない人から見れば、釣り禁止の野池で釣りをしていようがいまいが、バサーはバサーです。良いバサーも悪いバサーもなく、まとめてバサーは悪いと言う印象を与えます。

 また場所によっては、これはブラックバスではないのですが、例えば五日市港/廿日市港などは、立入禁止や釣り禁止の看板があるにも関わらず、あそこは大丈夫であると大手の釣具屋さんが釣り場情報に載せていたり案内しているような場所もあって、樽床ダム(聖湖)のようにトラウトでは昔から聖地となっていますが、バス釣りだけが叩かれるような場所もあります。

 実際にそこが大丈夫なのかどうかは良く知りませんが、看板があるのは事実です。

 そう言った場所を含め、どう考えるか、一人一人がどう動くかが重要です。まずは、そのような場所では釣りをしないと言う空気を作る事が重要です。

嫉妬からの炎上も多い


 これは、認められない人には認められないと思いますが、「俺は釣り禁止場所ではやらないから釣れない」「アイツは釣り禁止場所で釣ってるから釣れる」「しかもSNSに自慢げに写真を上げて」と言うような嫉妬心で炎上させているのではないか、と思える事も時折見られます。

 普段その方も釣り禁止野池で釣りをしていたり、仲の良い友達が釣りをしている分には何も言わないけど、気に入らないヤツが釣り禁止野池で釣りをしていたら炎上させる、と言う事もかなりあると思います。

 また、野池に関して言うと、実はそこもここも無く、看板は立っていないけど、厳密には釣り禁止だけど、黙認されている、と言う場所もかなりあります。

指摘した方がバス釣りを辞めるケースもある


 炎上したアカウントがバス釣りを辞める、のなら分かりますが、指摘した方(炎上させた側)がバス釣りを辞めてしまうケースもあります。その場合、たいてい「バサーはマナーが悪い」とバサーの敵に成り果ててしまいます。切っ掛けはともかく、一度トラブってしまうと心底楽しむのは難しくなります。

釣り人はみんな仲間です


 釣り禁野池で釣りをするヤツは仲間じゃない、あんなのと一緒にして欲しくない、と言われた事があります。でも、仲間なんです。認めようが認めまいが、釣りをしない人から見れば仲間だし、実際に釣りをしている人の話は釣りをしている人でないと分からないものです。

 我々は釣りと言う趣味、釣りと言う共通言語をもった仲間です。もしかしたら国境線もないかも知れません。遺恨を残して内輪もめを起こしたり、それで嫌になってバス釣りを辞めるような事になってもいけません。

 だから炎上させる前に、他から見えない形で注意しあうなど、炎上させる前にまず出来る事があると思います。

>>バス釣り用レンタルボートはこちら

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

最近(2017/14)のメバルの動向




 メバルについては詳しくないので間違っている事があるかも知れませんが、最近の広島近郊のメバルの動向を書いてみます。



 04/14現在、平均水温は14℃を超え、夜間の気温も12,3℃あって、防寒の必要はほぼ無く、僕ぐらい暑がりであれば半袖での釣行も出来るほどの暖かさです。



 その水温気温の上昇に伴い、メバルの釣れ方はかなり変化してきました。


急深岸壁よりシャローの藻場




 まず、2月頃は湾の外側、バースの常夜灯に多くついていたメバルですが、現在は湾のかなり内側、あるいは急深の岸壁よりシャローに入り込んでいます。



 具体的に五日市港/廿日市港で言うと、2月頃に良く釣れた廿日市港の外側に位置するTOYOTAの岸壁では、メバルは釣れても金魚サイズで、中型の(フッコ級の)シーバスが増えています。



 現在メバルが良く釣れているのは五日市南中の50mほど沖、濃いウィードのシャローエリア、水深2,3m〜4m位に落ちるブレイクの肩や壁に多くついていて、こちらにいるメバルの方がサイズも良いです。


ドブのような小場所




 また、細かい場所は書きませんが、湾奥のドブのような場所にかなり入り込んでいるので、小場所でも良く釣れると思います。(ただ、小場所は釣りきられるのも早いので、いつも釣れる訳じゃありません)


明るい場所より暗い場所




 常夜灯に関しても、特にここ数日は満月前後と言うのもありますが、新月に近い時でも常夜灯についているメバルは少ない印象で、真っ暗な場所の方が釣果が良いです。


極小ワームよりやや大きめ、プラグも


 ワームのサイズも、3月の一時期1inch程度の小さなワームでなければ釣れなかった時期がありますが、現在は2.5inch程度のやや長めのワームの方が好反応で、現在はプラグにも好反応です。

メバルガイドご予約お待ちしています!


 ゴムボートでメバリングガイド致します。魚探で地形を見ながら釣ってい行くので、どんな場所が釣れるか勉強にもなると思います!

 http://seabowz-salt.blog.jp/

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

広島のバサー人口は少ない


 近年、地元広島ではバサー(バス釣り)の人口が随分減っていると感じる。

 バサーの人口が減少する理由として、広島市近郊は釣り禁止、立入禁止の野池が非常に多くなった、と言うか東広島市西条町、黒瀬町の野池はほぼ釣り禁止と言う状況であること、もう一つはバサーのマナーの悪さ、ゴミのポイ捨て、釣り禁止看板のある場所での釣り等の行為を見て、バス釣り自体に嫌気が差して海に転向した人が相当多いのではないかと思う。

 釣り禁止看板のある野池でバスを狙っているアングラーと、リザーバーにボートを持ち込んでバスを狙っているアングラーでも相当温度差があって、オカッパリの場所では本当にゴミが目立つ。「自分自身がマナー良く釣りをしてもダメかも知れない」と言った、絶望感と言うか虚無感のようなものがあり、ボートも買えないし、といった人が海にフィールドを変えたのではないだろうか。

 尤もボートアングラーもマナーが良いのか悪いのかと言えば、最近はエンジン禁止のリザーバーにエンジンを持ち込んだり、ライフジャケットを着ていなかったり、ボート禁止のリザーバーにボートを持ち込んだりと問題になっている部分もある。ただ、これは一度バス釣りを辞めて最近戻って来た人が大昔と同じ感覚でやっていると言うのもあって、話せば大概理解して貰える。

 まぁ、実際全盛期と比較すると広島のバサーがかなり減ったのは事実だ。

バス釣りは難しくなりすぎている


 さらに一つ理由を挙げると、一匹のブラックバスと出会うことを、釣り人自身が、メーカーが難しくしてしまっていると言う部分である。

 例えばビッグベイト。当店のお客さんにもビッグベイトを好む人が多いが、ビッグベイトはどちらかと言うとマニア向けの釣りで、自分の納得するルアーで、何か月に一本でも良いので納得の出来るキャッチがしたい、と言う釣りである。

 入門者、初心者がビッグベイトをぶら下げて湖に通っても、下手をしなくても太田川でシーバスを狙う以上に一匹との出会いが難しくなるであろう。

 例えばトーナメント的な釣り。フィネス、ベイトフィネス、巻物、撃ちものetc...と細分化されていて、これでは何処から手を付けて良いか分からないし、それぞれのタックルがその釣りにピーキーな特性を持つ印象を与えているので、例えば「僕のロッドは巻物ロッドだから、ラバージグは使えない」と言うような勘違いも産んでしまう。

 でもちょっと待って下さいよ。皆さんお忘れではないですか?バスはもっと簡単に釣れる魚です。

まずはメバル(アジ)タックルでバスを!


 前述した通り、何から始めて良いかさっぱり分かりにくくなってしまったバス釣り。でも、バスはもっと簡単に釣れる魚です。

 まずはメバリングタックル、アジングタックルでバス釣りに行ってみて下さい。ルアーもメバル用、アジ用そのままで、ラインも4lbのフロロで充分です。

 実はメバル釣り(メバリング)用のルアーは元々はバス用ルアーの転用、または派生型で、ものによってはメバル用にさらに発展した性能を獲得したものもありますが、多くはブラックバスも全然狙えるルアーなのです。

 そもそもまだメバルのルアー釣りが始まった頃は、「UL(ウルトラライト)のバスロッドやタイニーサイズのルアーで、バスと同じように狙えますよ」と教えたものです。25年位経って、立場が全く逆転しましたね。

 まさかメバルと同じようにバスも釣る事が出来ますよ、と言う日が来てしまうとは!!

 ブラックバスはやらない、道具も高いし、何を買って良いか分からない、バスプロやバス釣りをしている人の釣り方は何をやってるか分からないし、とっても難しそうに見える!と言う人、貴方の今持ってるメバリングタックル、アジングタックルでブラックバスを狙ってみて下さい。

 これからルアーフィッシングを始める人に言います。とりあえず安いセットのメバリングタックルで、メバル、アジだけでなくブラックバスも狙えますよ、と。僕の使ってるタックルなんて、ロッドとリールで合わせて5,000円しないですからね。

ライトバシングは楽しい


 ライトソルトに習って、ライトソルトのタックル、ルアーを使いまわすと言う事で「ライトバシング」と言わせて下さい。

 実は昔からライトバシングと呼べる釣りは存在していたんですが、バス釣りの進化の途中で失われてしまった釣りなのです。時間がある人は、youtubeで「ZEAL チマチマ」「柏木重孝」等と検索して見てください。小さくてカラフルなプラグでブラックバスを釣る様子が見て頂けると思います。

 今はZEALのチマチマシリーズなんてタックルベリーで安く買えると思うので、別にチマチマじゃなくて良いのですが、そのサイズのプラグを何個か買い足して湖に行ってもらえれば、と思います。

 これからの時期、ブラックバスはさらに釣りやすくなります。冬場にメバルを狙ったタックルで、是非ブラックバスを釣りに行ってみて下さいね!

IMG_20170408_065120
IMG_20170408_134330
IMG_20170408_144202


追記 最後に


 釣り人の出すゴミ、フィールドで喫煙される方の吸い殻などが非常に問題になっています。そして水難事故。この2点に特に気を付けて下さい。

 来た時よりも美しく!小学生の時に遠足で言われませんでしたか?ゴミを一つ持って帰るだけで良いのです。

 そしてライフジャケット。海の釣りでは最早常識です!ブラックバスのオカッパリでもライフジャケット着用を習慣化したいですね。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

 最近あれやこれやで記事の更新が出来ませんでしたが、SoaringShad供淵愁▲螢鵐轡礇奪畢供砲離瓮丱螢鵐亜▲ぅパターンを紹介いたします。

 イカパターンの紹介は聊か遅かったかも知れませんが、SoaringShad供淵愁▲螢鵐轡礇奪畢供砲魯汽ぅ困粒笋鉾鷯錣暴鼎、ノーシンカーに近いリグで飛距離を稼ぎたい状況でまだまだ有効なタイミングもあると思います。

SoaringShad供淵愁▲螢鵐轡礇奪畢供縫螢阿衒



 リグりかたは本来のリグと同一なので、下記の動画を参考にして頂ければと思います。このリグり方が基本になります。



 欠点としては、バランス取りが難しく、リグに失敗すると結構回転してしまい糸ヨレの原因になったり、ネイルシンカーが抜けてしまう事があるので、個人的にネイルシンカーはやや大きめで必ず瞬間接着剤で止めています。海の場合は特に海水の比重の問題もあるので、回転など様子を見つつネイルシンカーを刺すと良いでしょう。

 回転対策には僕はスナップスイベルも使っています。予め何セットか釣行前にリグっておくと楽です。

IMG_20170204_150542


SoaringShad供淵愁▲螢鵐轡礇奪畢供忙箸な



 ドリフト釣法が基本になります。

 使用方法としては着水後にスラッグ処理し、張らず緩めずでドリフトしてあげると良い事が多かったですね。あまり難しい釣りではありません。とにかくぶっ飛びなので遠投したい、そして表層をやりたいって言う時にお薦め出来ます。

IMG_20170203_211003


IMG_20170218_211322


 フロートリグに近い飛距離が出るので、かなり沖の藻場などをジグ単に近い感覚で攻略が出来るので、特にオカッパリで遠浅な場所では重宝するのではないかと思います。
IMG_20170218_221528


IMG_20170211_231533


 これからの時期はブラックバスにも当然使えると言うか、もともとバス用です。サイズは選べませんが、メバリングやアジングロッドを湖に持ち込むライトバシングにも向いています。もともとトーナメントで磨かれたワームですが、飛距離が必要なオカッパリの方が実は本領発揮かも知れません。

 SoaringShad供淵愁▲螢鵐轡礇奪畢供砲砲弔い討聾式サイトも一度ご覧になって下さい。
 http://www.theprof-fishing.com/

 最後に、当店のメバルガイドとバスのレンタルボートの料金表が移動してます。

 メバルガイド
 http://seabowz-salt.blog.jp/

 バス用レンタルボート
 http://seabowz-bass.blog.jp/

 よろしくお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

↑このページのトップヘ