広島のバサー人口は少ない


 近年、地元広島ではバサー(バス釣り)の人口が随分減っていると感じる。

 バサーの人口が減少する理由として、広島市近郊は釣り禁止、立入禁止の野池が非常に多くなった、と言うか東広島市西条町、黒瀬町の野池はほぼ釣り禁止と言う状況であること、もう一つはバサーのマナーの悪さ、ゴミのポイ捨て、釣り禁止看板のある場所での釣り等の行為を見て、バス釣り自体に嫌気が差して海に転向した人が相当多いのではないかと思う。

 釣り禁止看板のある野池でバスを狙っているアングラーと、リザーバーにボートを持ち込んでバスを狙っているアングラーでも相当温度差があって、オカッパリの場所では本当にゴミが目立つ。「自分自身がマナー良く釣りをしてもダメかも知れない」と言った、絶望感と言うか虚無感のようなものがあり、ボートも買えないし、といった人が海にフィールドを変えたのではないだろうか。

 尤もボートアングラーもマナーが良いのか悪いのかと言えば、最近はエンジン禁止のリザーバーにエンジンを持ち込んだり、ライフジャケットを着ていなかったり、ボート禁止のリザーバーにボートを持ち込んだりと問題になっている部分もある。ただ、これは一度バス釣りを辞めて最近戻って来た人が大昔と同じ感覚でやっていると言うのもあって、話せば大概理解して貰える。

 まぁ、実際全盛期と比較すると広島のバサーがかなり減ったのは事実だ。

バス釣りは難しくなりすぎている


 さらに一つ理由を挙げると、一匹のブラックバスと出会うことを、釣り人自身が、メーカーが難しくしてしまっていると言う部分である。

 例えばビッグベイト。当店のお客さんにもビッグベイトを好む人が多いが、ビッグベイトはどちらかと言うとマニア向けの釣りで、自分の納得するルアーで、何か月に一本でも良いので納得の出来るキャッチがしたい、と言う釣りである。

 入門者、初心者がビッグベイトをぶら下げて湖に通っても、下手をしなくても太田川でシーバスを狙う以上に一匹との出会いが難しくなるであろう。

 例えばトーナメント的な釣り。フィネス、ベイトフィネス、巻物、撃ちものetc...と細分化されていて、これでは何処から手を付けて良いか分からないし、それぞれのタックルがその釣りにピーキーな特性を持つ印象を与えているので、例えば「僕のロッドは巻物ロッドだから、ラバージグは使えない」と言うような勘違いも産んでしまう。

 でもちょっと待って下さいよ。皆さんお忘れではないですか?バスはもっと簡単に釣れる魚です。

まずはメバル(アジ)タックルでバスを!


 前述した通り、何から始めて良いかさっぱり分かりにくくなってしまったバス釣り。でも、バスはもっと簡単に釣れる魚です。

 まずはメバリングタックル、アジングタックルでバス釣りに行ってみて下さい。ルアーもメバル用、アジ用そのままで、ラインも4lbのフロロで充分です。

 実はメバル釣り(メバリング)用のルアーは元々はバス用ルアーの転用、または派生型で、ものによってはメバル用にさらに発展した性能を獲得したものもありますが、多くはブラックバスも全然狙えるルアーなのです。

 そもそもまだメバルのルアー釣りが始まった頃は、「UL(ウルトラライト)のバスロッドやタイニーサイズのルアーで、バスと同じように狙えますよ」と教えたものです。25年位経って、立場が全く逆転しましたね。

 まさかメバルと同じようにバスも釣る事が出来ますよ、と言う日が来てしまうとは!!

 ブラックバスはやらない、道具も高いし、何を買って良いか分からない、バスプロやバス釣りをしている人の釣り方は何をやってるか分からないし、とっても難しそうに見える!と言う人、貴方の今持ってるメバリングタックル、アジングタックルでブラックバスを狙ってみて下さい。

 これからルアーフィッシングを始める人に言います。とりあえず安いセットのメバリングタックルで、メバル、アジだけでなくブラックバスも狙えますよ、と。僕の使ってるタックルなんて、ロッドとリールで合わせて5,000円しないですからね。

ライトバシングは楽しい


 ライトソルトに習って、ライトソルトのタックル、ルアーを使いまわすと言う事で「ライトバシング」と言わせて下さい。

 実は昔からライトバシングと呼べる釣りは存在していたんですが、バス釣りの進化の途中で失われてしまった釣りなのです。時間がある人は、youtubeで「ZEAL チマチマ」「柏木重孝」等と検索して見てください。小さくてカラフルなプラグでブラックバスを釣る様子が見て頂けると思います。

 今はZEALのチマチマシリーズなんてタックルベリーで安く買えると思うので、別にチマチマじゃなくて良いのですが、そのサイズのプラグを何個か買い足して湖に行ってもらえれば、と思います。

 これからの時期、ブラックバスはさらに釣りやすくなります。冬場にメバルを狙ったタックルで、是非ブラックバスを釣りに行ってみて下さいね!

IMG_20170408_065120
IMG_20170408_134330
IMG_20170408_144202


追記 最後に


 釣り人の出すゴミ、フィールドで喫煙される方の吸い殻などが非常に問題になっています。そして水難事故。この2点に特に気を付けて下さい。

 来た時よりも美しく!小学生の時に遠足で言われませんでしたか?ゴミを一つ持って帰るだけで良いのです。

 そしてライフジャケット。海の釣りでは最早常識です!ブラックバスのオカッパリでもライフジャケット着用を習慣化したいですね。