釣り禁止野池で釣りをするバサーを炎上させるのは果たして意義があるのか


 twitterをやっていると、時々釣り禁止野池で釣りをしていて、それを指摘されて炎上しているバサーがいます。

 特に釣り禁止看板が写っている状況での撮影など、それをネットに上げる方も上げる方だと思うのですが、果たしてこの晒して炎上させると言う行為は同じバサーにとって有意義な事なのかどうか、と言う事にいささか疑問を感じています。

釣り禁止看板のある場所で釣りをするのは良くない事です


 予め言っておきますが、釣り禁止場所での釣りは良くない事です。広島で言うと樽床ダム(聖湖)や魚切ダム(窓龍湖)でボートを浮かべている人がいると言う話を聞きますが、その2湖についてはダム管理事務所に直接電話確認をした上で、ボート以前に釣り自体禁止である、と回答を頂いています。

 また、灰塚ダム(ハイヅカ湖)の田総川(たぶさがわ)バックウォーターは鮎の俎上の妨げになる為、立入禁止の看板を建てておりますが、このポイントに入るバサーは非常に多いと聞いています。

 東広島の野池の「ここで釣りをしないで」と書いてある看板は、バサーの間では役所が事故のあった時の責任逃れに建てているだけなので実際には釣りをしていても大丈夫である、法的にも釣り人が逮捕される事はない、と言われる方は多いですが、実際に東広島市に電話確認してみると、「書いてあるままです」「字が読めないんですかね」「釣り人には迷惑しています」と言うニュアンスの事を言われました。

 これらの場所で釣りをする事は良くない事なので、このblogを読んだ方には自主的に止めて頂きたいと思ってます。

では、炎上させることは良いのか、悪いのか


 以上、釣り禁止の場所で釣りをするのは良くない事です。ですが、じゃあそこで釣りをしている人がいて、その人のアカウントを炎上させる事は良い事なのか、悪い事なのかと言うと僕は、あくまで僕は、の話なので、私はこう思うから貴方もこう思え、と言うような話じゃないですよ。

 個人的な見解です。

 釣り禁野池バサーのアカウントを炎上させる事は、釣り人にとってマイナス面が大きい。バス釣りをしない人から見れば、釣り禁止の野池で釣りをしていようがいまいが、バサーはバサーです。良いバサーも悪いバサーもなく、まとめてバサーは悪いと言う印象を与えます。

 また場所によっては、これはブラックバスではないのですが、例えば五日市港/廿日市港などは、立入禁止や釣り禁止の看板があるにも関わらず、あそこは大丈夫であると大手の釣具屋さんが釣り場情報に載せていたり案内しているような場所もあって、樽床ダム(聖湖)のようにトラウトでは昔から聖地となっていますが、バス釣りだけが叩かれるような場所もあります。

 実際にそこが大丈夫なのかどうかは良く知りませんが、看板があるのは事実です。

 そう言った場所を含め、どう考えるか、一人一人がどう動くかが重要です。まずは、そのような場所では釣りをしないと言う空気を作る事が重要です。

嫉妬からの炎上も多い


 これは、認められない人には認められないと思いますが、「俺は釣り禁止場所ではやらないから釣れない」「アイツは釣り禁止場所で釣ってるから釣れる」「しかもSNSに自慢げに写真を上げて」と言うような嫉妬心で炎上させているのではないか、と思える事も時折見られます。

 普段その方も釣り禁止野池で釣りをしていたり、仲の良い友達が釣りをしている分には何も言わないけど、気に入らないヤツが釣り禁止野池で釣りをしていたら炎上させる、と言う事もかなりあると思います。

 また、野池に関して言うと、実はそこもここも無く、看板は立っていないけど、厳密には釣り禁止だけど、黙認されている、と言う場所もかなりあります。

指摘した方がバス釣りを辞めるケースもある


 炎上したアカウントがバス釣りを辞める、のなら分かりますが、指摘した方(炎上させた側)がバス釣りを辞めてしまうケースもあります。その場合、たいてい「バサーはマナーが悪い」とバサーの敵に成り果ててしまいます。切っ掛けはともかく、一度トラブってしまうと心底楽しむのは難しくなります。

釣り人はみんな仲間です


 釣り禁野池で釣りをするヤツは仲間じゃない、あんなのと一緒にして欲しくない、と言われた事があります。でも、仲間なんです。認めようが認めまいが、釣りをしない人から見れば仲間だし、実際に釣りをしている人の話は釣りをしている人でないと分からないものです。

 我々は釣りと言う趣味、釣りと言う共通言語をもった仲間です。もしかしたら国境線もないかも知れません。遺恨を残して内輪もめを起こしたり、それで嫌になってバス釣りを辞めるような事になってもいけません。

 だから炎上させる前に、他から見えない形で注意しあうなど、炎上させる前にまず出来る事があると思います。

>>バス釣り用レンタルボートはこちら