シーバスのデイゲームのガイドを開始します


 まだ少し時期が早いかも知れないのですが、5月になりますのでシーバスのデイゲームのゴムボートガイドを開始します。

東京湾とは違う、広島のゴムボートゲーム


 一般的にシーバスのボートゲームと言うと、湾内でストラクチャーを釣る印象が強いと思いますが、広島近郊では水深が浅く、いわゆる穴撃ちをやるようなストラクチャーはほとんどありません。では、ゴムボートのシーバスゲームはどう言う物か、と言うと、ウェーディング+の釣りだと思って頂くと分かりやすいと思います。

ウェーディング+の釣り


 広島だけでなく、現在シーバスと言えばウェーディングのような感じですが、実際ウェーディングはかなり危険を伴う釣りで、転倒して流される場合もありますし、ウェーディングで撃てる場所は案外限られているので場所の取り合いにもなります。

 (ちなみにゴムボートを危険な乗り物と認識している人、まだかなり多いと思いますが、揺れはほとんど無く(アルミボートなどより全然揺れない)恐らく多くの人が思ってる以上にパンクしにくい安全な乗り物です。ウェーディングと単純に比較して、なぜゴムボートの方が危険に言われるのか意味が分かりません。ようするにライジャケを着てさらに浮き輪を付けてるようなものですからね…背が届かない深さだから危険に思うのかな?)

 ゴムボートで狙うのは、ウェーディングでは立てない場所、立てない潮位、そしてあと50m程の沖になります。そこにアンカーを落としてボートを固定して釣りをします。

タックル


 タックルは遠投の出来る普通に太田川や干潟で使うロッドで大丈夫です。普段ウェーディングで使うやつでOK。ライフジャケットもウェーディング用でOKです。あと、ボートの乗り降りで必ず濡れるので、ウェーダーか半ズボンにサンダルスタイルでお願いします。

メソッド


 デイの場合、基本的に水深2m未満、1,2m〜1,8mの場所はミノー(9〜12cm)の早引き、2m〜3mのブレイクではバイブや沈み遅めのブレードジグや鉄板系を早引きして行く感じで、干潟のウェーディングでの釣り〜もう少し沖のブレイクが狙える釣りです。

 とにかく遠投して魚に見切られない速度で早巻きで釣っていく感じです。

場所


 八幡川の河口や太田川放水路の河口になります。潮汐表を見てタイミングを決めるのでお気軽に電話かメールで問い合わせてください。まだ時期的に絶対に釣れると言うほどでもないと思いますが、未知の釣りなのでやった事が無い人は楽しいと思いますよ!

 シーバスガイド(ゴムボート)
 メバルガイド(ゴムボート)
 レンタルボート(ブラックバス)

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com