SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

カテゴリ: 色々なこと

シン・ゴジラ見に行って来ました


 広島AEON CINEMA(イオンシネマ)にシン・ゴジラ見に行って来ました。通常料金だと一般1,800円なのですが、ハッピーナイト(20:00以降の上映)で1,300円です。

 子供の頃に映画はよく見に行ってましたが、映画って結構値段高くなってないですか?見に行ってたのが子供の頃なので子供料金だったからそう感じるんでしょうか?通常料金1,800円と聞くとちょっと尻込みするんですが(貧乏すぎ?)、1,300円なら我が家の苦しい家計でも何とか。

 ただこの映画は非常に良かった、面白かったので、1,800円で見る価値はあると思います。

 ちょっと失敗したのが、1時間以上早めに行って券を買った後で暇つぶしを兼ねてサイゼリヤで食事をしたので、駐車時間をオーバーしてしまった事ですね。イオンシネマで駐車券にスタンプして貰うと3時間なので、有料(200円)になってしまったんですよ。サイゼリヤでも券を貰えば無料だったんですが。

シン・ゴジラは面白かった


 ネタバレにならないようにザックリ書くと、かなり出来の良い作品で、思っていたよりゴジラの登場が早く、良くある、怪獣が登場するまでにある茶番劇が全くなく、序盤からテンポ良く話が進みます。と言うか、この映画、人間のドラマがほぼありません。ほんのちょっとだけドラマもあるんですが、キャラクターに対する紹介らしい紹介もないし、前評判で会議ばかりの映画と言われてましたが、突如現れた怪獣に政府が対応を迫られる事によってストーリーが進行します。と言うかストーリーらしいストーリーも入ってないです。

 なので役者や女優が好きで、彼らの演技とか、ラブストーリーとか、家族愛とか、そう言うものを見たい人にはちょっと違う映画となっています。(エヴァンゲリオンと良く比較されてますが、エヴァンゲリオンは人間同士の掛け合いであるとか、内面描写が多く、ゴジラは見える部分のみが描かれているので、そこが決定的に違うと思います)

 しかし、この映画はそう言った人間ドラマを極端に省く事によって、ゴジラの過去作を見た事がない人でも楽しめ、ゴジラシリーズのファンにも楽しめる内容になっています。

 今作のゴジラはCGで描かれているらしいのですが、所々に着ぐるみっぽさも残してあって、かと言って着ぐるみ特有の安っぽさも無いし、CG特有の軽さも無く重厚で、ゴジラの巨大さ、重さまで非常に良く表現出来ていたと思います。

 ゴジラが歩行する事によってビルや家屋が倒壊して行く場面が多いのですが、非常にリアルで、大半は昼間の明るい時間帯の場面になるのですが、恐らく震災などの災害に居合わせた人は目を背けたくなるのではないか、と思えるぐらいの出来でした。自然災害としてのゴジラが大変よく描写されています。

 ゴジラらしい場面として、ゴジラの吐く放射能火炎も凄まじく、終盤近くまでただ歩いているだけで、それでも大災害なのですが、火炎を吐き出した時の絶望感がヤバかったです。過去作では放射能火炎は普通にしょっちゅう、特に敵怪獣に向けて吐いてるので、ゴジラの象徴でありながら安売りしすぎで、あの放射能火炎に恐ろしさを感じる事はなかったんですが、今回の放射能火炎は非常に丁寧に、恐ろしく描かれています。

 過去の子供映画としてのゴジラを想像して小さい子供をいきなり連れて行くと泣き出してしまうのではないかと思うので、小さいお子様と一緒に見ようと思ってる方は、先に大人同士で見ておいた方が良いかも知れません。これは怪獣映画と言うよりは災害映画です。

 とにかく凄い映画だったので、まだ未見の方は是非ご覧になる事をお勧めします。

>>レンタルボートの料金はこちら。
 現在3人乗り艇がメインになっています。料金は2人乗り艇と同じなので、ワリカンで前より安く乗れますよ!

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 080-9799-4126
 info@seabowz.com
QR Code

 LINEからもご予約出来ます。

SUPフィッシング


 広島でもかなり見かけるようになった、SUP。STAND UP PADDLE BOARD(スタンダップパドルボード)の略でSUPです。SUPはサーフィンの延長線上にあるものなので、ライフジャケットを装備する人は現状ほぼいないと思われます。ライフジャケットを着てサーフィンする人はいませんから、当たり前と言えば当たり前です。

何故サーフィンではライジャケを着ないのか?


 では、何故サーフィンではライジャケを着ないのでしょう?実際やってみれば分かると思いますが、通常サーフィンで波に乗るには、波の崩れ(ブレイク)の外側(アウト)にパドリングして出なければなりません。ここで言うパドリングとは、サーフボードの上に腹ばいになって、両手で水を掻いて泳ぐ事です。パドリングでまず沖を目指すのですが、そのまま波に向かっていくと、波に押し返されて岸に戻ってしまいます。波を越える為には、ドルフィンスルーと言う、サーフボードごと潜水して波の外側に出る技術を使います。これが出来ないとサーフィンは楽しむ事が出来ません。

 サーフボードはああ見えてかなり浮力が高いもので、ドルフィンスルーも初めてやると中々上手く出来ません。正直ここで躓いてサーフィン諦める人もいるのではないか、と思えるくらい。そのドルフィンスルーがライジャケを着ていてはほぼ無理ではないかと思います。
 そして前述した通りサーフボードはかなり浮力が強いので、通常はリーシュコードと言うコードで足首とボードを繋ぐ事で安全を確保しているのです。

 この、サーフィンの習慣のようなものが、SUPには継承されています。

湖でのSUPフィッシングで気を付けたい事


 SUPでライジャケを着用しない理由は上記の通りです。しかし、湖で気を付けて欲しいのは、地方にも寄るとは思うのですが、広島、山口のダム湖(リザーバー)に関して言うと、恐らく全て遊泳禁止です。つまり、広島、山口のダム湖(リザーバー)ではサーフィンは出来ません。サーフィンが出来ないと言う事は、SUPもダメなんです。

 ………ですが、SUPはサーフィンの延長線上にあるものであると同時に、カヤックに極めて近い存在でもあります。つまり、カヤックの一種として扱えばダム湖(リザーバー)に浮かべる事も可能になってきます。カヤックであれば、ライフジャケットを着用しなければいけません。

 SUPをカヤックとして扱う場合、ライフジャケットの着用が絶対に必要になって来ます。もしライジャケを着ていないのなら、それはサーフィンであり、遊泳であるからダム湖(リザーバー)に出てはダメです。

 そう言う事ですよ。

 あと、SUPアングラー達に「ボーターだってライジャケ着てないじゃん!」と言わせない為にも、ボートアングラーは絶対にライジャケを着用しましょうね。

未来のある釣りを潰さないようにしよう


 SUPフィッシングは僕も注目している釣りです。これからもっと伸びる、もっと流行る釣りだと思います。反面全国的にSUPによる死者が増えてきました。この新しい釣りを潰さないように、みんなで安全に気を付けて発展させて行きたいですね。




>>レンタルボートの料金はこちら。
 現在3人乗り艇がメインになっています。料金は2人乗り艇と同じなので、ワリカンで前より安く乗れますよ!

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 080-9799-4126
 info@seabowz.com
QR Code

 LINEからもご予約出来ます。

ゴムボート カートップと言うワードで検索された方へ


 すごい余計なお節介かも知れませんが、今の時期の日中にゴムボートをカートップすると直射日光でゴムボ内の空気がどんどん膨張し、縫い目の弱ってる場所や接着剤の弱いとこからブシューっと一気に空気が抜けますよ。そう!バーストですよ。経年劣化で縫い目などが弱くなってると内部の空気圧が高くなりすぎるとヤバイです。

 あと、これもこの時期特有だと思いますが、夕立(ゲリラ豪雨)等でボートが濡れた状態で車にしまって、数日そのまま車内に放置したままにすると、内部に残った水分がお湯になって接着剤が溶けてしまってボートの寿命を縮めます。バーストの原因にもなります。

 雨の後は翌日すぐに水気を拭き取ってあげて下さい。僕も過去に一回やってしまいました(泣)

 その他ボートを陸に上げた状態で空気を抜かずにジュースを買いに行ったり、トイレに行ったりで放置しても高確率でバーストします。

 ちなみに一回そのパターンで、特にチューブと床の境目の縫い目が逝くと、塞いでも塞いでもイタチごっこのように弱い場所を狙って空気が抜けるので、修理にはかなり根気と時間がかかります。

 ご注意ください。

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 080-9799-4126
 info@seabowz.com

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

バス釣り雑誌について思う事







 バス釣り雑誌を見ていていつも思うんだけど、地図を見て頂ければ分かるように広島には釣り禁止でない野池がほとんどない。恐らくこれは広島だけではなく、野池の釣り禁止は全国的な傾向であると思う。
 先日、東広島の千足池について東広島市の建設管理課に問い合わせたところ、なんとボートだけでなく釣り自体が禁止だった。

 東広島の建設管理課の見解では野池(千足池の場合は正確にはアースダム、野ダム)はそもそも釣りをして良いようになっていない、と言う事なので、管理が東広島市の建設管理課、または河川港湾課の管理している野池(溜め池)、野ダムに関してはどこも釣り禁止と言う事である。

 リザーバー(ダム湖)と野池、野ダムの最も大きな違いは、河川をダムでせき止めて作ったリザーバーは原則的に「公共水面」であるが、野池や野ダムはほとんどの場合何者かの所有地で、公共の物ではない、と言う事です。(中国電力管理のダムのように、湖は公共水面ではあるが、周辺土地は中国電力の所有地なので立入禁止である、と言う場合もある)

 ブラックバス釣りは若い人が多いせいか、雑誌記事の目立つ部分はオカッパリの記事が大半を占めるのではないかと思うけど、広島に関して言えば前述の通り厳密に言うとほぼ釣り禁止になってしまうので、これでは何の為の雑誌か分からない。

 まあ実際の所、バス釣りの盛んな地域、例えば岡山県を例に挙げると、やはり若いオカッパリのアングラーが多いからバス釣りが盛んな訳で、中古釣り具屋さんのタックルベリーの売り場面積も広島とは比較にならないほど広い。だからこそ、売る為の紙面作りで、バス釣り雑誌の目立つ記事は野池記事、と言う事になるのだろうが、恐らく今後全国的に野池は釣り禁止といった流れになって行くであろうから、それではダメだと思う。

 実際、釣り禁止の野池(溜め池)が大半の広島ではバス釣り雑誌は恐らく販売は伸びない。だけど、バサーが少ないからと言って相手にしないと余計にバサーは減る。連鎖してさらに雑誌は売れなくなる。正直言って今現在野池中心の記事では、ほとんど特定地域のバサーしか喜こんでないのではないかと思う。

 先に言ったようにリザーバーは公共水面となっている場合が多いので、ギリギリまでバス釣りが保証されるのは、僕はリザーバーだと思っている。最終的には河川のみ、と言う事になるのだろうが、規制は野池、リザーバー、河川と進むはずだ。そしてリザーバーはオカッパリはほぼ不可能である。(白竜湖や三川ダムなんかはオカッパリもけっこう出来るけど)

 確かに現在ゴムボートメーカーでバス釣り雑誌のスポンサーをやろうと言う所は無いかもしれない。雑誌の実売が伸びず、広告料で儲けるビジネスモデルでは、どうしようもない事かも知れないけど、今こそフローターやゴムボートが復権する時ではないかと思う。

 それからバスプロについて。バスプロと言う職業は、今のままでは近い将来無くなる。と言うか今現在職業として成り立ってるかどうかと言うと、極めて怪しいのではあるけど、外来魚法方面で奇跡の逆転ホームランが出るかどうかしないと将来的に存続は難しい。だからプロを祭り上げるような記事は少し抑え気味にして、若い将来のあるアングラーに、これからどうやって釣りを続けて行くか、バス釣りが出来る環境を残して行くかを考える切っ掛けになる記事が欲しいと思う。

>>レンタルボートの料金はこちら。
(料金が変更になっていますので必ず確認をお願いします)

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 070-5303-4126
 080-9799-4126
 info@seabowz.com
QR Code



河口湖で釣り 会社役員の男性、転落し死亡(SUP フィッシング?)



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160525-00000023-nnn-soci

 パドルを漕いで進むボード、と記述されているのでたぶんSUP(スタンダップパドルボード)で釣りをしていたのであろうと思う。



 広島でも太田川水系や灰塚ダム(ハイヅカ湖)で見かけた事があるので、もしかしたら流行の兆しがあるのではないかと思う。僕もSUPに非常に興味を持っている一人だ。

 生見川ダム(山代湖)なんかで非常に良さそうに思う。

 今回非常に不幸な事故があった訳だけど、僕はだから危険だ、とか危ないからダメだ、と言うような気は毛頭ない。魚釣りと言えば必ず危険を伴うものなのだ。ゴムボートやカヤック、フローターだけでなくオカッパリですら転落(落水)の危険がある。ウェーディングなんて特に他の釣りに対して危ないとか言えるものじゃないし、磯のヒラスズキなんてそこに立つだけで危険を伴う行為だ。

 SUPは今後伸びて行くジャンルであって欲しいと思う。だからSUPに興味を持って今後この釣りの道を切り開いて行く人にはとにかく死なないように安全面を追求しながら、多くの人がSUPを始められるように頑張って欲しい。

 何事も最初が肝心なのだ。

 少なくともライフジャケットとリイシュケーブル(コード)は必ず装着するようにして下さい。海水浴場のような場所で泳ぎの延長線上でやるのであれば、まぁライジャケを着ろと言うのも無理があるかも知れませんが、見た感じSUPはサーフボードと言うよりはシットオンカヤックの延長線上にあって、海上では船舶の法律が適応される可能性もあります。(まだ詳しく調べていない)

 開拓者(パイオニア)は、絶対に道を残して欲しい。自分で切り開いた道を自分で閉ざす事の無いようにしましょう。

 貴方が生きている限り貴方の後ろに道は残る。

>>レンタルボートの料金はこちら。
(料金が変更になっていますので必ず確認をお願いします)

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 070-5303-4126
 080-9799-4126
 info@seabowz.com


↑このページのトップヘ