SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

カテゴリ:太田川 > 猿猴川

大潮 潮位300cm(込み)の猿猴川河口(東部浄化センター)


CmeYEmdUMAAfUpF

CmeYFxIVMAAfTNq

CmeYPL9VYAA1w4-

CmeYHJcUsAAU9Q_

 この辺りのシーバスフィッシングは、写真の東洋大橋下でのウェーディングが有名な攻め方ではあるけど、撮影時の潮位より少し下がった頃(厳密に分からないけど250cm位?)に敷石から鉄板バイブを遠投して巻いても良さそう。

 僕がやってた当時はまだシーバス用の鉄板バイブは無かったか、あまり出回って無かったかで、こう言った部分、新しいルアーが出て飛躍的に釣りが出来る場所が増えた、と言う事例であると思う。

 今の時期は日中の方が潮が動くので、河口域のデイゲームはナイトゲームより釣れると思う。河口や干潟はエイが非常に多いので、エイガードを装備して積極的に攻めたい。

 [PR]アクティブエイガードLite(ナイトアングラーモデル) 太田川河口部、御手洗や地御前の干潟で大活躍の電子式エイガードです。太田川RUN&GUN CLUBでもお試し出来ます。



K&Kプロダクツ ステルス エイガード

>>太田川RUN&GUN CLUBはこちら

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 080-9799-4126
 info@seabowz.com
QR Code

 LINEからもご予約出来ます。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

シーバスガイド初釣行です


 SEABOWZで始めた新サービス、シーバスのガイドサービスでの釣行です。本日の釣行内容はサンプルとして公開しますが、通常はしませんのでご安心を。

 この時期のシーバスと言うと、正直河川内はイマイチです。広島でシーバスを専門でやっておられる方はご存知かと思いますが、広島湾で3月下旬と言うと子イカパターンの時期で、これが2月までの寒い時期であれば汽水域でおきるバチ抜けに期待が出来、4,5月となれば稚鮎付きにも期待が出来るのですが、河川内には目立ったベイトがおらず、難しいシーズンです。

 考えられるベイトと言うとイダ、ボラ(イナ)、後は甲殻類系でしょうか?僕自身シーバス狙いの釣行が何年もない状態ですので、とにかく良く分からない。過去のこのblogの釣行記録を見ても3月はほぼ港湾でのイカ付を狙っていて河川内でのまともな釣果がない。

 そしてお客さんもシーバスは始めたばかりの人なので、難しい展開になると思いました。

とにかくランガン作戦


 前日に川を見て回ったのですが、とにかく風が強くモジリやライズも確認出来ない。もしかして稚鮎とかいないか、と当日も放水路と一応上流の安芸大橋や戸坂水門辺りもチェックするも当たり前のように魚っ気がない。サポート役のスギ君も前日に色々回ってくれたみたいだけど、上流は祇園新橋でニゴイ、下流は天満でチヌをキャッチしただけで、シーバスは無し。

 ただ、石田君や中川君の釣果を見るからに河川内に全く入ってない訳ではない。

 とするとこれはもう回るポイントを増やして“交通事故”の確率を上げて行くしかありません。シーバスが居れば数投で反応が出る場合が多いので、タイミング等考慮すべき点もありますが周るポイントを増やすのは全てのシーズンにおいて有効な戦略です。

1ヶ所目 天満川昭和橋


 ガイドサービスは送迎を行います。お客さんを安佐南区で20:00にピックアップし、前日水門付近でベイトが確認できた天満川の河口付近、昭和橋へ。
P1010410r

 20:52満潮(大潮305cm)なので下げ直、オカッパリからの開始です。

 この場所では明暗でライズが確認出来ましたが、どうもメバルっぽい雰囲気のようです。ただこの場所ではバイトはなく、ライズが良く出ている間やって移動。

2ヶ所目 天満川観音大橋


P1010412r



 一つ下って観音大橋へ。こちらではバイトも、目立った発見も無し。前日に放水路は風が強かったので本日のルートからは外しました。この観音大橋の右岸側は昔メバル狙いでちょくちょく行ってましたが、観音大橋が完成してからは初めてです。(ただし本日は左岸側)

3ヶ所目 京橋川平野橋


P1010414r



 この平野橋で2バイトあったようです。明暗ではシーバスのライズも見られました。ちなみにこの平野橋、ウェーディングする人もいますが、極めて柔らかい地質で、僕も以前雪道用のカンジキを履いた上でウェーディングを試みましたが、岸から5,6mでまるでプリンの上に立っているような感じで断念しました。基本的にオカッパリポイントです。

4ヶ所目 元安川南千田橋


P1010417r

 ここまでがオカッパリです。本日ここまでの場所で言うと観音大橋と平野橋は駐車スペースもありますが(平野橋は路駐)、天満川の昭和大橋とこの元安川南千田橋は付近に駐車スペースがありません。

 ここはノーバイト、目立った発見も無し。果たして海からの橋の本数で考えるか、距離で考えるか、昭和大橋と平野橋であった反応が観音大橋と南千田橋では全く無い理由は何故だろう…と考えながら最終目的地、猿猴川大橋へ。

5ヶ所目 猿猴川大橋


P1010419r

 ここでお客さんにはレンタル用のウェーダーを履いて頂きました。一応靴下の上にビニール袋を履いて頂いた上でウェーダーを履いて頂きました。
P1010421r

 本日のサポート役のスギ君がルートを案内してザブザブと水の中へ…潮位も下がってここからはウェーディングとなります。

 この場所は以前は河川敷に駐車出来たのですが、放置車両が原因で現在は駐車スペースの入り口がガードレールで塞がれております。

 底質は緩く、この場所自体はそこまでウェーディングが難しい場所ではありませんが、泥に足を取られる事もあるし、少し離れた場所では泥に足が埋まったまま満潮が近づき、レスキュー隊のお世話になった人もいます。猿猴川は全体的に流れは弱く軟泥質で、これが本川であれば激流の深場が多いので、同じ太田川水系でも6河川によって表情はかなり変わります。猿猴川は強風が吹き込みにくいのも特徴です。放水路は多分吹き荒れてますよ。

 さてここで念願のシーバスがキャッチ出来れば大成功なのですが。

残念ながらシーバスはノーキャッチ


P1010424r

P1010423r

 残念!コチのみでした。しかも小さい(笑)

 ベイトは濃かったようなので運の要素も大きかったと思います。本日は本命のシーバスが穫れず非常に残念ではありますが、お客さんにもシーバスの面白さ(と難しさ)が伝わったと思います。

 当ガイドの利点は、送迎が出来る事、駐車スペースを気にしないで良い事、それから不慣れな場所でのウェーディングに、その場所で経験のあるサポートが付く事です。今回はちょっと残念な結果に終わってしまいましたが、初心者の方、経験者の方も問わず是非宜しくお願いいたします。

>>シーバスのガイドサービスの内容はこちら。



ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

ポイント案内 猿猴川


P1010349
 
P1010350
 
  


 猿猴川(えんこうがわ)は、太田川水系の分流で広島県広島市南区を流れる河川。太田川が形成する広島デルタの6河川のうち最も東側を流れる。

猿猴川とはこんな場所


 猿猴川は下流域の左岸側にマツダ関連の工場が集中し、広島で最も水が汚い。また、ほとんどの場所が軟泥の底質で、部分的に泥が固くなっている場所を選んで歩かなければ膝辺りまで埋まってしまうような場所が多い。



 猿猴川の由来となる猿猴とはカッパの一種で、猿猴(カッパ)の正体は古来より猿猴川の底質が軟泥で、子供達が遊泳等をすると泥に足が取られ、込み潮(上げ潮)で溺れてしまう事から、「カッパが出るから遊んではいけないよ」と伝承されたのではないかと思う。

 恐らく猿猴川の軟泥はマツダの汚染とは関係なく、京橋川から分流する淡水の勢いが弱く、海田湾が広島湾の湾奥にあるので極端に水はけが悪い地勢的な理由によるものと考えられる。

 また京橋川との分岐付近にホモの発展場の全国チェーンである喜楽会館がある為、猿猴川は京橋川と同じくホモが多く、駅前大橋から荒神橋にかけてはナイトゲームでホモに声を掛けられる事が多い。キャスト時には周囲に注意した方が良いだろう。ちなみにホモは刑務所用語でカッパと呼ばれるので、まさに猿猴川はカッパ注意なのだ。

 全体的に駐車スペースが少なく、以前は猿猴川大橋付近の川原に駐車スペースがあって、ウェーディングアングラーに人気があったが、現在は駐車スペースが閉鎖されている。

ガイド料金


 シーバスのガイドに付いて詳しくはこちらをご覧ください。
 20:00〜8時間/8,000円
 ポイント移動2ヶ所以上は1ヶ所に付き+1,000円

 是非SEABOWZのガイドサービスで太田川のシーバスを狙って下さい。



お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 080-9799-4126
 info@seabowz.com

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ


 

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

猿猴とは、空想上の生き物(水生の妖怪)で、河童(カッパ)の眷属とされる。

一般的な(全国的に)河童との大きな違いは、河童は蛙や亀など両生類的なイメージに対し、猿猴は猿、哺乳類のイメージとなる。
(手が長く、顔は猿、胴はナマズと言うキメラ妖怪)

この妖怪(水怪)は、河童と同じく泳ぐ人の肛門から手を突っ込み、内臓(しりこ玉)を抜いて殺してしまうとされる。

また、時に人間の女性を襲い孕ませる事で繁殖するとされる。

猿猴川の語源はこの猿猴にある。

この河川は、京橋川から分岐する全域汽水の川で、現在はマツダの工場の影響などで汚染が進んでいるとされるが、恐らくはもっと昔から泥が沈殿しやすい河川であったのではないかと想像する事が出来る。

と、言うのは、全域汽水と言うことは京橋と水が行き来しやすく、下げの流れもメインである京橋川に流れやすいので、川の構造上絶対に泥が溜まりやすい。

猿猴が棲むと言う伝説が何時頃からあったのかは知らないが、恐らく伝説が発生した頃には、この川で泥に足を取られて水死する事故がかなり発生していたのではないかと思う。

猿猴とは、きっと泥底の事で、特に子供が猿猴川で遊ぶと泥に嵌まって水死しやすい事から、誰かが「あの川には猿猴がいるから遊びに行ってはダメですよ」と子供に言い聞かせたのが始まりなのでしょう。

広島の地名には色々と想像させる部分があり、こういった郷土史のようなものを考察する事によって、より一層釣りが楽しくなる。


ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

↑このページのトップヘ