SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

カテゴリ:五日市/廿日市 > 地御前干潟

中潮 潮位302cm(下げ)の地御前干潟


Cmpn4DtUkAEbBve

Cmpn5QIUEAAquIx

Cmpn-LvVMAQdwEd

Cmpn6jUVUAAhpeq

 低潮位ではウェーディング出来る地御前干潟だが、現在はアマモが多く、ウェーディング出来る潮位では中々釣りにならない。(アマモの無い場所を探すか、アマモの先に出るかで中々難しい)

 また、この場所は干潮時に潮干狩りでかなり賑わう場所なので、底が彫られていたり、餌を求めてエイが集まったりと、転倒やエイの襲撃に備えなければならない、中々の地雷原である。エイガードは必ず用意したい。

 撮影時の潮位では護岸からのオカッパリになるが、この潮位ではアマモは掛からず、普通に釣りをする事が可能です。
 御手洗川の河口ではタイリクスズキが良く釣れますが、港を挟んでこちら側では、僕は今のところタイリクは掛けていない。

 遠浅地形ではあるけど、八幡川や御手洗川ほどの長距離ウェーディングではなく、駐車スペースも近いので比較的楽な場所です。

 ここも夜間は御手洗の河口と同じくかなり蚊が多いので、虫除けは忘れずに!

 [PR]アクティブエイガードLite(ナイトアングラーモデル) 太田川河口部、御手洗や地御前の干潟で大活躍の電子式エイガードです。太田川RUN&GUN CLUBでもお試し出来ます。



K&Kプロダクツ ステルス エイガード

>>太田川RUN&GUN CLUBはこちら

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 080-9799-4126
 info@seabowz.com
QR Code

 LINEからもご予約出来ます。


ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

P1100002


 実に2年ぶりのシーバス。ゴムボーターに転向してからどうにも釣れませんでしたが、陸っぱりでやったらあっさりと釣れてしまいました。雨のおかげで切れ藻(ワカメ)が沈んで釣りやすかったってのもあります。

 ルアーはkomomo SF125(キラメキチャートバック)です。

 思うにボートで今一つ結果が出せないのは、リトリーブスピードの問題。前から思ってたんですが、特に河川の場合はボートポジションを安定させ辛いため、どうしても巻きが早くなる。

 デイゲームの場合は、ベイトタックルだとちょっと遅めになってしまう。

 次はその辺を意識しながらやってみようと思います。

 地御前は干潟側はこれくらいのマルスズキが多いみたいで、地御前港を越えて反対の御手洗川河口辺りで釣るとタイリクが多い気がします。ほんのちょっとの距離なんだけど、河川の流入とか海藻の関係でしょうかねぇ?

 サイズも御手洗の方が大きいと思う。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

P1050691


 すいません。更新が遅れましたが06/15(日曜日)の話です。

 この日は地御前干潟に15:30待ち合わせでスギ君と釣行しました。とりあえず自分が中々時間が取れないので、スギ君に少しづつボートの扱いに慣れて貰って任せたいと思ってるんですよね。

 相変わらず潮干狩りの人が多く、必ずウェーディングの人もいるので、2年半の間にここも随分メジャースポットになった気がします。夕方からはさらにオカッパリの人も2人見ましたので。

 ウェーディングの邪魔をしてもいけないので沖合を通って壊れた沖堤の辺りへすぐ移動。潮位が恐らく40cm前後の時間帯で、満潮で沈んで見えない沖堤が約150cmほど水面から出ている状態です。ラブホテル前の沖堤はかなり破損が酷く、写真を撮りたかったのですがカメラを忘れてたので、写真は無いです。

 この辺りで水深は2m位。沖堤の内側はほぼ完全に潮が引いている状態で、やはり潮干狩りしている方がかなりおられます。

 地御前の漁協の方たちは割と友好的な感じで、カキ棚の中に入らないとあまり怒られる事はないようですが、一応潮干狩りは禁止エリアなので潮干狩りの方たちも漁師さんとトラブルにならないように気を付けましょうね。
(貝類は貝種指定で共同漁業権がある)

 西端まで沖堤周りを撃ちましたが無反応。ベイトらしきものは底付近にいますが、満潮の方が良さそうですね、ここは。その後戻りながら釣って、地御前干潟に戻る手前のシャローでキビレを一枚。(写真はツイッター参照)

 その後で干潟内をやって、今度は漁港を越えて御手洗河口に向かいましたが、ちょうどカキ棚が怖い水深に隠れている潮位だったので、地御前漁港の沖堤周りを少しだけ舐めて終了しました。(この時点でかなり潮位は高くなり、真っ暗でした)

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

地御前の漁業権に付いて、さっそく県の水産課で確認をいたしました。

 まず、この辺りの漁業権に関する連絡図

 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/life/220164_423661_misc.pdf

 ちょっと訂正します。

 この中で、(1)(2)(3)と地図に記載されてあると思います。例えばNo.23(1)と言うような感じで。

 で、(1)は貝類なので、釣りには直接関係ないと言うか、漁業者が貝を取るのに邪魔だ!と言うような事にならなければ大丈夫との事です。

 (2)、(3)は(2)(2種)が網関係、(3)がつきいそと言う漁法らしく、ボートフィッシングの場合まさにこの(2)、(3)が関係大有りで、岸からの釣りであればあまり問題になる事はないと思いますが、(2)は網の邪魔になるような事しなければ問題は無いようですが、(3)は特にボートの場合は絶対に止めて下さい、との事でした。(漁業権侵害になると大変な事になるので)

 特に問題になるのが(3)(3種)。

 つまり、この地図を見る限り木材港の西側から、俗に言う阿品海岸がボートフィッシングをやっちゃいけないとこって事になります。(御手洗の干潟もダメ。厳密に言うと干潮に干上がるエリアなら大丈夫なんですが、無理です)

 木材港の西側から阿品海岸の東端にかけて(2)(2種)の漁業権が設定してあって、磯建網、藻建網の設置がしてあるので漁業の邪魔になる行為をしたり、網にルアーを引っかけるような事、網を破るような事をすると漁業権侵害になる可能性がある(親告罪)ので気を付けて下さい。

 阿品海岸(3)(3種)の場合は漁礁などが沈めてあって、魚釣りをすること自体が漁業権の侵害にあたる可能性があるのでボートでの釣りはしないで下さい…と言う事のようです。

 ちなみに潮干狩りはダメです。潮干狩りは本当はダメだけど黙認されている状態で、岸からの釣りは、厳密に言うとダメなんですけど、大丈夫だろうとの事でした。岸からの釣りの場合も磯健網や藻建網には十分注意して下さい、と言う事です。

 地図の方に(2)(2種)(3)(3種)の設定区域は入れておきます。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

 普通に潮干狩りをしておられる方が非常に多いので、全く気が付かなかったのですが、地御前干潟は共同漁業権の設定区域のようです。



 今まで何度も当ブログで記事にしている自分のホームグラウンドなんですが、まさか共同漁業権の設定区域とは…。

 とりあえず出航は出来るけど、宮内方面か阿品(←一番やっちゃダメな場所でした)まで行かないとダメですね。ちなみに木材港は昭南岩壁がSOLAS条約でダメです。(接近できません)

 地御前が共同漁業権の設定区域と言う事は、御手洗川の河口での釣り、潮干狩り、地御前漁港での釣り、地御前干潟での釣り、潮干狩りは一切ダメって事。主にアサリとかの漁業権みたいなんで釣りより潮干狩りの方が問題になるのではないかと思いますが、確認してみます。

 この辺って釣り雑誌にも普通に載ってるし、詳しい方おられたら教えて頂けるとありがたいです。(確認が済むまでこの辺りでの釣りは控えた方がいいかも知れません。)

 掲示板

 お問合せ(24時間)

 070-5303-4126
 090-9799-4126
 seabowz.56@gmail.com
 seabowz.56@wcm.ne.jp
 LINE ID:seabowz

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
080-9799-4126
seabowz.56@gmail.com

↑このページのトップヘ