SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

タグ:冬バス

JACKALL(ジャッカル) DIMP(ディンプ)


 昨日、かめや釣り具の東広島店に行ったらジャッカルのディンプの在庫が大量にありました。(二つ買いました)

 メタルジグの釣りは何だかんだでロストが多く、10m位なら根掛かり回収機でかなりロストは防げるのだけれど、18〜20mのレンジをやってると根掛かり回収機も届かない。

 今のところお気に入りはノリーズのメタルワサビーなのですが、メタルワサビーはあまり数も作ってないのか広島の釣具屋ではあまり置いていない。

 冬の釣りの印象が強いメタルジグですが、春夏秋冬どの時期でも、7m位までレンジが下がったバスには有効で、ライトリグよりも手返し良くディープのバスをキャッチする能力があるのだから、釣具屋さんは定番商品としてメタルジグを店頭に揃えて欲しい、と思う。

 DIMPはこの記事を書いている現在、まだキャストもしていないので正直よく分かってないのだけれど、形状はホプキンス似で、ホプキンスより薄く幅広なので、ホプキンスよりメタルワサビーに性能は近いかも知れない。

 来週行けたら米泉湖に持って行きます。

_SL1500_

JACKALL(ジャッカル) ルアー ディンプ3/8 ワカサギ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ


メジャークラフト(Major Craft) ジグパラ マイクロスリム


 メタルワサビーが入手困難で、色々探してて見つけたメジャークラフトのジグパラ、マイクロスリム。ライトソルトでは定番の商品だと思いますが、実際に泳がせてみた感じ、これはバスも釣れると思う。デザインも非常にワカサギ似なので、メジャークラフトさんには是非バス用カラーを出して欲しい。取りあえずワカサギカラーが欲しい。

メジャークラフト ルアー ジグパラマイクロスリム JPMSL-7g #19オールグロー #19 ALL GLOW 7g


_AA160_

メジャークラフト ルアー ジグパラマイクロスリム JPMSL-7g #19オールグロー #19 ALL GLOW 7g

メジャークラフト(Major Craft) ルアー ジグパラ マイクロスリム #19 ALL GLOW 10g



_AA160_

メジャークラフト(Major Craft) ルアー ジグパラ マイクロスリム #19 ALL GLOW 10g

 コレ、絶対バスに効きますよ。ヒロセマンさんお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ



灰塚ダム(ハイヅカ湖)2015 12/06


 久しぶりの灰塚ダム(ハイヅカ湖)、と言うよりは久しぶりのフル装備でのバスフィッシングです。道具が無かったりでたぶん7月中旬位から自分の釣りは出来て無い状況だったので気合が入ります。

自分なりの冬の釣り



 あっと言う間に今年も12月。水温計が故障中なので正確な水温は分かりませんが、季節は完全に冬です。バスを釣るには難しい時期なのですが、冬バスは去年もやっているので自分なりに割と掴めています。

 なので皆さんの冬バス釣りに参考になれば、と思いちょっと書いてみたいと思います。




基本的なバスのレンジ


 僕が基本的に意識するレンジは7m付近です。透明度の高いレイクで川鵜がいる場合は20m付近までバスが沈んでる事がありますが、灰塚ダム(ハイヅカ湖)の場合はだいたい7m前後。

 本日の場合は12:00頃釣りを開始したのですが、開始直後は5m前後に魚探に反応が出ていたのですが、その後風が強くなって夕方の16:00頃には7m付近まで下がりました。

狙う場所


 僕の場合は、と言うかゴムボートはやはりアルミ等に比較すると風に弱いので、基本的にあまり風が無い場所。風裏を中心に釣って行きます。それから、魚探にベイトやバス(のような反応)が映るレンジはだいたい決まってくるので、例えば今日なんかでも、水深が13m位のとこでも10mのとこでも最初5m位の場所にサスペンドしている魚影が映ってました。

 これがバスかどうかは釣ってみないとよく分からない部分もあるんですが、とにかく5m位の場所に魚影が映っていて、ハイシーズンにベイトに着いて、アクティブに動いているバスは/(スラッシュ)状に写るのですが、今の時期のバスは動きが鈍いせいか/ではなく‐(ハイフン)で映る事が多いように思います。

 で、このバスがどう言う場所で捕食するかと言うと、やっぱり壁がある部分なんですよ。何も障害物が無い場所の5mにサスペンドしているバスを釣るのは無理があって、その深さとカケアガリが交差する場所を狙うとよく食ってくると思います。バスの反応の出る場所の近くのアケアガリの5mとかを狙うのです。

 ベイトフィッシュが絡んでいればなお良いのですが、本日はベイトは絡んでいませんでした。ちなみに群れで泳いでいるベイトフィッシュの場合、シーバスを釣っている時のイワシと同じで、近くに捕食体制のバスがいる場合は団子状に映る事が多いように思います。



ルアー/タックル


 自分の場合はメタルジグを使います。ラインは6lbのPE、リーダーもフロロの6lbのスピニングタックルです。PEスピニングの方がスプールからルアーの放出がスムーズで底取りが早いです。

 冬の釣りの定番と言えばメタルバイブもあるんですが、5,6mを超えて10mとかになるとメタルバイブの操作性、感度はかなり落ちます。ライトリグって言う選択もありますがやはり水深が深くなると水圧やら何やらで感度はかなり悪くなります。

 特に風がある場合ライトリグは非常に扱いにくくなりますよね。



メタルジグのアクション


 メタルジグのアクションは、ちょんちょんちょん………とシェイクしたり、スローに30cm前後上げ下げしてみたり、高くロッドを上げた状態からスッと落としたり、と言うような事を僕はやります。

 海のジギングのように、しゃくりながら巻き上げるのではありません。ライトリグのアクションの付け方に近いです。基本的にはバーティクルに落としますが、ピッチングして底スレスレでミドストのように扱う事もあります。

 レンジはかなりシビアなので、カウントダウンと同時に、ハンドル何回転で底から何m上がるかも把握しておいた方が良いです。

 重さは何種類か持っていた方が深さや風の強さに対処出来て便利です。

 根掛かりした場合は揺すってあげるとメタルジグの自重で落ちて外れる事が多いです。根掛かり回収機もあった方が便利です。



風との付き合い方


 冬はどうしても風が強いのですが、ある程度風向きが決まっている場合は、まず風下から魚探を見ながら進んで、魚探にバスを確認してからある程度風上に進み、タイミングを合わせて風上側からバスの位置にピッチングしてあげるとメタルジグをバスの近くに落としやすいです。

本日の釣果


CVc9TEbVEAAI1uY

 12:00〜16:00でこれ一匹ですが、冬バスのキャッチは実に気持ちの良いものです。是非チャレンジを!

灰塚ダム(ハイヅカ湖)へのデリバリー料金


 レンタル料1時間1,000円+運搬/設置料金2,000円になりますので、料金は下記の通り。
 (6時間以上で1,000円値引き、8時間以上で運搬/設置費用が無料になってます)

 2時間4,000円
 3時間5,000円
 4時間6,000円
 5時間7,000円
 6時間7,000円(レンタル料1,000円引き)
 7時間8,000円→7,000円
 8時間7,000円(運搬/設置料金無料)
 9時間8,000円
 10時間9,000円
 11時間10,000円
 12時間11,000円

お問合せ 広島釣りガイド 坊主


 070-5303-4126
 080-9799-4126
 info@seabowz.com

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

メタルバイブの自作の仕方



 冬バスと言えばメタルバイブなのですが、市販品はけっこう高いのでその昔僕は自作していた。最近は作ってないので画像とかは付けれないので、文章のみで解説するので興味のある人はやってみて下さい。シーバス用に作る事も可能です。

 これは昔、柏木重孝さんに教えてもらった方法で、かれこれ30年も前に柏木さんは自作したソナーモドキで冬にバスを釣りまくっていた。今考えるとすごい人ですよね。

材料



 材料は適当な厚み(0.5mm位)のアルミ板、アルミ板を切る鋏、ピンバイスドリル、紙ヤスリ、ワリビシ(錘)、ハンマーと、後はスプレー塗料があればOK。、

アルミを切る





 まずアルミを鋏でソナーの形に切る。柏木さん制作のソナーはオリジナルのソナーより大型でした。(コアマンのアイアンプレートより少し大きかったと思います)好きな大きさで、最近のメタルバイブの形にしても良いと思います。



穴を開ける



 次にピンバイスドリルでラインアイ3つとベリーアイ、リアアイの穴と、ワリビシを付ける部分に食い込みを良くするための穴を開けます、穴は合計6箇所です。穴を開けたら鋏で切った切断面と、穴の周りを紙やすりで綺麗に仕上げます。

ワリビシでアルミをはさんでハンマーで叩く



 最後にワリビシで加工したアルミをはさんで、平らで固いものの上に置いてハンマーで叩く。ワリビシがきちんと止まって動かなければOK。これで本体は完成です。あとは塗料で好きな色を塗るだけ。

 たぶん一個当たり塗料とフック代を除いて100円位で出来ると思います。根掛かりでロストしやすいものなので自作するのもアリだと思います。着底姿勢にこだわったり、ラバースカートを切って髭を付けても良いでしょう。

 個人的にはメタルバイブはケツを斜め45度くらいにキュッと上げて立つのが好み。

 まあ今は安いメタルバイブもありますけどね。僕は作らないかなぁ、時間が無い。高校生とか中学生の人は作ってみたらいかがでしょうか?

CROSS FACTOR(クロスファクター)メタルバイブ



 激安のメタルバイブをリペイントするのもアリでしょう。






バス釣り ブログランキングへ

Molix DRAGONFLY WORM5"(モリックス ドラゴンフライワーム)





 形状的にはヤンマ科のトンボの幼虫(ヤゴ/水蠆)を模したものです。

 日本のトンボは85%がヤゴの状態で越冬しますので、マッチザベイト的には今の時期が使いどころではないかと思います。店頭やネットショップの在庫も薄いので早めに購入した方が良いかも知れないのでご紹介。

 特に野池等ではエビに並んで冬場のメインに近いベイトになっている場合もあるかも。トンボの多い日本で国産でこの形が無いのがけっこう不思議です。

DOPPELGANGER DFB102(ドッペルギャンガー バスフローターボート)





 インフレータブルボートの展開スペースが少ない野池にベストマッチのボートです。重量も軽いので水面から多少距離がある場所でも組んでから移動が可能。

↑このページのトップヘ