SEABOWZ fishing service

広島、太田川のシーバスガイドと、主に広島、山口、岡山全域へのブラックバス釣り用ゴムボートレンタルのお店です。冬季はメバル、ワカサギのガイドもやっています。お気軽にご連絡ください。

タグ:生見川ダム

冬バス攻略 水温とブラックバスのポジションに関する考察


 この記事を書いている01/15現在で、ホームの生見川ダム(山代湖)下流側スロープ付近の水温は7.3℃前後に下がっています。黒瀬橋付近〜上流スロープで6〜7℃、キノコ島より上流では5〜6℃。

 こうなるとバスを釣るのはかなり難しく、1日にワンチャンあるかないか、ですが、僕も商売なのでお客さんに初バスに挑んで頂くべく、かなりまじめに考えてみました。

ディープの魚は仮死状態


 昔、まだブラックバスの飼育が許されていた頃、正確にサイズは覚えていませんが、25cm位までのブラックバスを何匹か飼育していました。その時の経験で言うと、この大きさのバスは水槽の下の方でじっとしていて餌を食べなくなります。目の前にミミズを落としても食べず、ふにゃふにゃにふやけてミミズが死ぬまで完全放置、もちろん死骸は食べず、たまに思い出したように食べる程度で、指で突いても逃げないほど動きません。

 恐らく水深7m以上のデイープと言うかボトムに張り付いているブラックバスのサイズは30cm前半位までのサイズで、活性が上がるタイミングで数釣りが出来る可能性も無くはないですが、釣る事はかなり難しいと思われます。

冷たい水ほど沈む


 さて、このブログをずっと見ている方は「またかよ、くどい」と思うかも知れませんが、水は4℃が最も比重が重たく、水深が深くなればなるほど水温は低くなります。ただし水面は気温の影響を受けますので一時的に深層以上に冷たくなる事があります。なのでこの時期水量が少ない野池等では水面が氷結します。

 氷の温度は摂氏0℃なので氷が水に沈む事はありません。4℃の水が最も重く、氷の融点が0℃なので水は最低0.01℃とかある、と言う事です。

 ちょっと脱線しましたが、気温の影響を受ける水面についてはそう言う感じで0℃まで下がりますが、常に暖かい水は上に、冷たい水は下に動くので水面で一時冷やされても表水温はいったん上がります。

 そして深くなるにつれて4℃に近付いて行くわけです。表水温が7℃、と言う事は水深7m辺りだと4℃に達しているかも知れません。

 ボトムは暖かいのではないか、と考えがちですが、地熱が余程高い場合を除けばボトムは表層より水温は低いのです。

何故小型はボトムに沈むのか?


 では何故低水温期のブラックバスはボトムに張り付いているのでしょう?僕は学者ではないので断言は出来ませんが、魚は変温動物なので、水温が下がると体温も下がって行きます。

 そうするとカロリー消費が少なくなるので餌を食う量、回数が極端に減ります。ここまでは皆さんもご存知だと思いますが、冬のバスの体色を見る限り、恐らく低水温期には臓器不全のような状態になるのではないか、と僕は思うのです。

 魚の浮き袋は血液からガスを取り出して膨らみ、浮いたり沈んだりする訳ですが、低水温で血流が極端に悪くなった場合、血液からガスが取り出せずに限りなく沈んでしまうのではないか、と。また血液量は身体の大きさに比例しますから、小型になればなるほど沈んで動けなくなり、場合によっては無酸素の深層まで沈んで死んでしまうのではないかと思います。

 冬はプランクトンが減り(透明度が上がるでしょ?)、水面で酸素を取り込んだ冷たい水が沈んで行くので、より深くまで溶存酸素が行き渡るので、場合によっては20m近くまでバスが必要とする酸素もあると思いますが、恐らく一回沈んでしまった小型は、最早水温が上がるまで自力で浮上するのは難しいと思います。

何故大型は浮いているのか?


 では、何故大型は浮いているのか?

 実は1/15、水温7℃の現在でも黒瀬橋からキノコ島にかけて50upが1日に何本も目視出来ます。これらの大型のバスは水深2,3m付近にサスペンドしているのですが、決して元気が良い訳ではなく、ルアーにもほぼ反応しないし、場合によってはラインを引っ掛けてもほとんど逃げないほど低活性なのです。

 これも仮説なのですが、大型は体力があってシャローに残るのではなく、別の事情で深く潜る事が出来ないのではないかと。体力があってシャローに残っているのであれば、もっと積極的に餌を追っても良いですが、この時期ベイトフィッシュも深場に落ちているので、ベイトの動きとも全くシンクロしていません。つまり基本的に食う気はないのです。

 ブラックバスを料理する時、大型は肝臓付近の油が臭いと言う話を良く聞くので、もしかしたら大型のブラックバスは浮上する時に浮き袋だけでなく、サメ類のように肝油の浮力を利用しているのかも知れません。

 だから浮き袋が機能不全を起こしても小型のように沈めない、と言うか浮いてしまうのではないか、と。

春は大型から釣れ始める


 皆さんご存知のように春は大型から釣れ始めます。生見川ダム(山代湖)の場合も5月いっぱいまでは釣れれば50cm絡みの大型で、小型は6月頃までは釣れません。一般的に「体力のある大型からシャローに差してきて早く産卵を始める」と言われてますが、恐らく大型は常に浅い水深にいるのが正しいのではないかと思います。春に大型が釣れる場所を意識するべきですね。

 ちなみに駆除系のサイトでバスを解剖した記事を見たところ、大型のバスは11月頃からすでに抱卵しています。

水温を暖める要素は日光だけ


 あまり知られていませんが、冬の水温を暖める要素は、イレギュラーなもの(湧き水、雨)を除けば日光(気温)だけです。温泉を除く湧き水の温度は一般的にその地域の平均気温より1,2℃高いと言われています。例えば平均気温7℃であれば8,9℃が予想出来ます。また雨は湖の水温より暖かい可能性があります。

 それらイレギュラーなものを除いた時、水温を暖める要素は日光と気温になり、気温が表水温を上回った時、水面が冷えて冷たい水が下層へ沈んで行く現象が一時的に止まり、さらに日光が水面を暖めた時に表水温が上がります。つまり水温が7℃の場合、気温が7℃を上回ってから水温が上がり始めます。

 冷たい水は沈み、温かい水は浮くので当然水温は表層から上がり、深層の水温は中々上がりません。(冬は上がらないと思って良いと思います)

では、この時期どう釣るべきなのか


 生見川ダム(山代湖)のように大型が多いレイクに限って、ですが、ズバリ3,4mまでの浅いところに残っている大型を狙った方が結果的に釣れると思います。完全に冷え切った深層にいる小型は限りなく捕食しないと思いますが、浮いている大型のいる層は比較的水温も上がりやすいので、例えば気温が上がって水面が温められたタイミングであれば冷たい水が底に向けて沈む動きも止まるのでスイッチが入りやすくなるのではないか、と。

 魚が多く見えるエリアにしぼって(魚を見つけておいて)、気温が上がるタイミングで釣る、と。

 とは言えバスの動きは限りなく遅いので、サスペンドに近いルアーかノーシンカーワームのようなものが適していると思います。スローシンキングにチューンしたビッグベイトも良いかも知れません。


EVERGREEN/エバーグリーン ESDRIVE/エスドライブ


エバーグリーン(EVERGREEN) ルアー エスドライブ #799 RPコノシロ


エバーグリーン(EVERGREEN) ルアー エスドライブ #772 マットライム





 恐らくこれが最も釣れる方程式の気がします。寒いですが、皆さんも初バスを釣るヒントになれば、と思います。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

メタルの使い分け


 冬の定番であるメタルジグ、メタルバイブ、テイルスピンジグ。これら「鋼の三姉妹」の使い分けは皆さんどうしてますか?

 僕の場合は以下のように使い分けてます。

メタルジグ


 メタルワサビーやホプキンスのようなメタルジグは基本的に縦のストラクチャーが近い場所。具体的に生見川ダム(山代湖)で言うと、水中のティンバー(立ち木)は少ないので主に岩盤や隠れ岩盤、底の大岩の際等を狙います。まあ後はティンバー(立ち木)は少ないのですが、急深斜面に沿って倒れている倒木等で使っても良く釣れます。

 メタルジグの場合、深いけど底じゃない、ようするに深層にサスペンドする魚を狙うのに有効なルアーですので、必然的に縦ストラクチャーの際が強くなります。

メタルバイブ


 次にメタルバイブ。ソナーや、ツイッターの流行で言うとドランクレイジーのスイミーとか、インクスのゴッツンバイブのようなヤツですね。このタイプには基盤バイブも含みます。

 これらのルアーは、スタンプ(木の根)の点在するエリアや、比較的フラットで所々小さめの岩があるような場所でよく釣れるルアーです。

 狙ってる場所が場所なので最もロストが激しくなりがちです。

テイルスピンジグ


 昔で言うとリトルジョージとか、最近だとジャッカルのデラクーなんかが人気ですが、僕はこのタイプはフリーフォールとか斜面沿いのカーブフォールで釣りたい場合に投げるので最も投げる機会は少ないです。

 ボトム付近をタダ巻きで釣っても良いんでしょうけど、7mラインのレンジキープは意外に難しく、結構底を切ってしまうので、そこをリフト&フォールするならメタルバイブの方が使いやすいと言う印象で、メタルバイブで反応が無いならテイルスピンも投げるかなぁ、と言った感じ。

メタルの釣りは根がかりとの戦い


 さて、これらメタルの釣りは根掛かりとの戦いになりがちです。メタルジグのように少し底から浮かせている状態での釣りでは、自重があるメタルジグは揺すれば外れるのですが、リフト&フォールで使うメタルバイブとテイルスピンジグは完全に底で引っ掛かってしまうので回収率がとにかく悪い。

 しかも水温一桁台ともなるとメタルを使っていてもアタリが良く分からず、違和感を感じた瞬間にアワセを入れられるかどうかがかなり重要になってきます。

 根掛かりを恐れずに鋭いアワセをしてあげなければ水温一桁でバスは掛かりません。

 そこで根掛かりをさせない、しないリグが重要になってきます。そもそも根掛かりさえしないように工夫していればどんな違和感でも大アワセが出来るのではないかと。

坊主リグ
DTC-TACVoAAW5o6

 そこで考案したのが坊主リグ。まぁまだこの記事書いてる段階じゃ釣果なしなんですが(笑)


 僕一人だと中々テストが進まないので、皆さんも是非試して改良を加えてください。宜しくお願いします(笑)

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

冬の大型ブラックバスの釣り方(山口県岩国市 生見川ダム)


 この記事を書いているのが12/20、完全に季節は冬になっている。

 朝の湖面での気温は3℃前後、表水温は10.9℃とギリギリ11℃あるかないか、なのでもうバス釣りはとっくに納竿したよ、と言われる方も多いのではないかと思います。

 広島市内のバスアングラーであれば、晩秋〜初冬にかけての太田川のシーバスが始まった辺りでバスは終了し、そのままメバルに意向する方も多いのではないかと思います。

 ですが、今は昔と違い、タックルも高性能化し、ルアーも季節を問わない物も多く販売されているので、防寒さえしっかりすれば、まだまだブラックバスは釣れます。

 早朝から釣りをする場合は、ようするにメバルを釣りに行って、「そろそろ寒いから帰ろうか?」と言う時間帯からの冷え込みが残ってるのでめちゃくちゃ寒い(気温1〜3℃位)のですが、10:00頃からは暖かくなり、その後寒くなるのが15:00頃なので、概ね6時間凌げる防寒防滴装備をしていれば大丈夫だと思います。

 シーバスが長い僕に言わせるとバスアングラーの防寒は甘い(笑)タックルの前にウェアをどうにかするべきで、冬をバスで通せて初めてニワカではない!と言えるんじゃないでしょうかね(笑)







 写真を載せられないお客さんもいるので全部の釣果写真はないのですが、まだまだ全然釣れます。

大型は春のような釣れ方をする


 そろそろ小型の数釣りは難しくなります。生見川ダム(山代湖)は春から初夏にかけて1日に50アップが5本以上揃う様なムチャクチャな釣れ方をしたりしますが、8月〜11月頃までは概ね1日に釣れる50upは1,2本で、そのペースは12/20現在も変わっていません。

 小型がぱったり釣れないのでモチベーションも保ちにくいんですけど。

 じゃあ、大型はどんな場所で釣れるかと言うと、ほとんどシーズン中と変わらない場所で釣れてます。つまりバンクを狙ってのライトテキサスやラバージグ、日によってはディープクランクの巻き初めでひったくって行く場合もあります。

 今のところ、大型狙いに限れば、冬だからと言って釣り方を特別変える必要はありません。防寒をしっかりして集中力を切らさないようにすれば大丈夫!もしかしたら大型は1年中付き場を変えないのかも知れませんね。

 バスフィッシングにオフシーズンはありません。是非宜しくお願いします。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

冬本番!の山口県岩国市 生見川ダム(山代湖)


 12月に入り、いよいよ水温も12℃台平均になり、まさに冬本番を迎えた生見川ダム(山代湖)。

 12/01〜12/06の気温は、上流スロープ上の駐車スペースで09:00〜10:00で10℃、スロープに下りると5℃前後と冷え込み、先月は13.6℃〜高い日は15℃まで上がった表水温も、朝平均12.3〜12.6℃、14:00頃に上がって12.9℃と、13℃を超える日は無くなりました。

 12/05と12/06の早朝には路面凍結も見られましたので、事故にはくれぐれもお気をつけ下さい。(今のところ10:00位には大丈夫です)





水温について


 そうそう、水温についてですが、冬場はディープの方が水が温かい、と思ってる人多いですよね。前回の記事でも書きましたが、例え冬になっても暖かい水は上に、冷たい水は下に、と言う物理現象は変わりません。

 水面、表層、中層、深層、底と水の中を区分した場合、水面は風や気温の影響、底(もしくは岸際)は地温の影響を受けますが、表層、中層、深層で最も水温が高いのは表水温です。(海や汽水域では違いますよ)

 ただし、空気と面し、風の影響をモロに受ける水面は表水温より下がります。なのでディープの水温が気になる人は、まず表水温より低いと思ってもらって間違いないです。

湧き水について


 湧き水についてはその地域の平均気温と同じか、+1〜+2℃と言う事らしく、深層の水温を上げてくれる可能性があります。




 泡についてはメタンなどガスの可能性もあって、これが湧き水と確証はないのですが、生見川ダム(山代湖)にはこのような泡が出る場所が無数にあります。

現在の状況(釣果)


 実は12月に入って急に冷え込んだせいか、ディープのレッグワームパターンが全く機能しなくなってます(12/06現在)。水温低下だけでなく減水によってバスの付き場が刻々と変化しているのもあると思います。

 が、バンク狙いでは相変わらず大型が一人1〜2本(半日平均)上がってます。やはり大型はシャローに残るのか、それともディープに潜れない理由があるのか。コンディションも非常に良く、丸々と太ってます。体系的にはまるでプリスポーンですが、どうもブラックバスは11月位から卵を持ってるようです。(解剖したページからの情報)







 11月下旬の釣果もついでに。







 場所ズバリは書きませんが(電話で聞いてください)、釣果はメインのリバーチャンネル沿い(直接面した)急深な岩盤の浅い所、に集中しています。

防寒しっかりとして来てください(笑)


 メインのシーズンがおおよそ寒いシーバスやメバルのアングラーと比較して、バスアングラーの方は防寒が甘い気がします(笑)

 早朝はメバルやシーバスのナイトゲームで、「そろそろ寒いから帰ろうか?」と言う時間帯の冷え込みのままですから当然寒いのですが、10:00〜15:00位は夜間と比較にならない暖かさので、防寒をしっかりして是非宜しくお願いします。

 その後寒くなってくるのはだいたい15:00過ぎた辺りからなので、10:00〜15:00くらいがお薦めです。

 生見川ダム(山代湖)のレンタル価格
 http://seabowz-bass.blog.jp/archives/5336035.html

 なお、その他のレイクのご予約も受付しています。早めのご予約をお願いします。温見ダムなんかが冬はお薦めです。

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

真冬のトップウォータープラッギング(山口県 岩国市 生見川ダム)




 まず始めに、この記事を書いている時点で、僕はまだ真冬にトップでの釣果を上げていない。

 何せ一年中水深4m〜14mを魚探をかけながら釣りしているので、そもそもプラグを投入する場面がほとんどない人ですからね。

 厳密に言うと25年以上前に黒瀬川水系の、黒瀬町の黒瀬川、広の二級峡ダム(現在は釣り禁止)、西条の三永水源地(釣り禁止)で冬にトップで釣った事はあります。

 が、しかしその後はバス釣りを辞めていた事もあって全くありません。その頃はZEAL(ズイール)の柏木重孝氏(現バモノス!)が再々広島に来られてましたし、バスフィッシング全体にトップ熱が高く、と言うかトップを投げるか、ワームを投げるかの二択と言うスタイルの人が多く、現在のように巻き物の人気が無かった頃です。

 そう言えば当事の柏木さんは自作のソナー型鉄板を使ってましたが、「ディープはオレンジ!」と言ってたので、それも検証したいなあ。

何故冬にトップなのか?




 一般的に冬にトップウォータープラッギングは難しい、向かないとされます。と言うか現実難しいです。何故真冬にトップを投げるかと言うと、「トップが好きだからだ」と言う理由の方が多いと思います。

 つまり現状に於いては「トップが好きで、季節が冬になってしまったけど、トップしか投げない!」と言う物好きな人しかやってない釣りではないかと思います。

冬トップの新しい切り口


 僕が今回冬のトップに目をつけたのは、トップが好きだからと言う理由ではありません。実は11月下旬になってもホームの生見川ダム(山代湖)では時間的に大型の見えバスがいるのと、ノーシンカーワーム等比較的レンジの入らないルアーで釣果が上がったり、チェイスがあったり、それらのルアーで反応するけど獲れない魚がいるからです。

 その獲れない魚を獲ることが出来のが、もしかしてトップなのではないかと思います。

冬のバスの動きは遅い


 この記事を書いている前日の朝の表水温は13.6℃。前々日に生見川ダム付近の気温はマイナス2℃まで冷えましたが、それでもまだ大型は時間によって表層にいます。

 しかし遊泳速度が非常に遅く、ジョイクロ等ではルアーの後ろを超ゆっくりチェイスしてくる感じで、バイトには至りませんが、完全なサスペンドに近いルアーには反応しているのです。確実に。

 サスペンドルアーのように完全に止める事が出来るルアー、それが水面にプカプカ浮いているトップウォータープラグです。

 さらに言えば大きさの割りに波動が弱いジョイント系ビッグベイトよりトップウォータープラグの方が概ね波動が強く集魚力があり、水面と岸と言う二つの壁に絡めて使用する事が出来る。

 どうです?真冬のトップ、釣れる気がして来ませんか?

水温は深層に行くほど冷たくなる


 僕も最近まで知りませんでしたが、海洋と異なり湖では深くなればなるほど水温は冷たくなります。

 えっ?夏はディープに行けば行くほど水温下がるけど、冬はディープの方が暖かくなるんじゃないの?

 と思いますよね?

 実際は湖の場合は水温を上げる要素は、湧き水や温泉を除けば太陽光のみであるとの事なので、四季を問わず最も水温が高いのは表層と言う事になるようです。常に表層から最も比重の重くなる4℃の水温に向けて冷たくなって行きます。

 厳密に言うと超表層の水面は風などに吹かれて冷たくなる場合も多いですが、穏やかな日であれば水面での釣りは強い可能性があります。(水面に関しては恐らく水温より気温を気にした方が良いはずです)

 では何故冬のバスは一律に深い場所に群れているのか、と言う考察はまた別の機会に。

 どうです?冬のトップ、アリな気がしてきたでしょう?

ご予約・お問い合わせ

広島釣りガイド 坊主
090-8358-2857
seabowz.56@gmail.com
LINE ID:seabowz

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ